中級資格取得講座「二番目にわかりやすい!薬膳本科」

講座概要

(薬膳食療法専門指導士資格授与)

中級の「二番目にわかりやすい!薬膳本科」は、これまで学んだ基本の中医学と薬膳の知識を実践で応用するべく「頭の中の点の知識を線でつなぐ訓練をする」講座です。これまで学んで来られた中医学と薬膳の知識を実際に「使える薬膳」にするために、授業に弁証訓練シートを取り入れ、様々な不定愁訴を自分で弁証して解いていく力をつけていただきます。

また選んだ食材をどのように調理するか、どんな組み合わせでどんな味付けにするか、日本人として美味しく食べられるメニューに変えていくコツを学んでいただきます。

講座のおすすめポイント

  • 家族の身体の不調および突発的な病気や不調がわかり弁証と対応ができる
  • 他人の身体の不調を弁証でき、薬膳を指導できるレベルになる
  • 証に合った食材を実際にメニューにするときの組み合わせ方や調理方法、味付け、季節に合った盛り付けや五感を刺激する食の演出や魅せ方などを実際に「学べる」ことで、プロとしてお金をいただけるレベルの薬膳レシピ作りを具体的に身につけることができる。

中級薬膳本科修了後の資格の活かし方

  • 出てくる症状から、本当に悪い臓器はどこかがわかります
  • 食で体の根本治療ができるようになります
  • 他人の体調相談に乗れるようになってきます。早い方は薬膳のお仕事をスタートされる方も!
  • 中級修了後、和学薬膳®協会ご入会されますと国際薬膳学院の認定講座を2講座開講できます

講師の紹介

赤堀 真澄(国際薬膳学院 学院長)

堀内 知美(国際薬膳学院 講師)

教材一式 送付物の内容

  • 薬膳本科テキスト本1冊
  • 薬膳本科DVDボックス20コマ収録 1セット
  • 弁証訓練シート 1冊
  • レシピ・メニュー開発シート 1冊
  • 提出課題シート (期日までに同封の封筒にて提出をお願い致します メール添付可)

受検までの流れ

お申込み・ご入金確認後に受講教材一式が届きます。
受講期間カウントはお申込み月の翌月から(6か月間)教材一式が届いたらすぐに学習を始めていただけます

①自宅学習開始

教材が届いたらいつでもスタート可能です。授業の動画を視聴開始してください!

②通学日に対面授業に参加

下記の通学日程に来校・対面授業中級1⃣を受講(2⃣や3⃣からはじめても可)
対面授業はZoomで参加が可能です・後日動画配信で受講することもOK!

③Zoom生質問会に参加

2か月に1度Zoomで生質問会があります。直接講師に質問できる機会です。

④また通学日の対面授業に参加

サポート期間内の通学日には全てご参加可能(参加は任意です)
対面日程のご都合悪ければZoomで参加が可能です・後日動画配信で受講することもOK!

⑤提出課題シートを出す

授業内容を簡潔にまとめた課題シートで知識を定着!期間内に提出してください

⑥オンライン試験70点以上で合格「予防医学食養生士」認定

認定書を1か月以内に発送します

通学の頻度は1か月に1回Zoom生質問会は2か月に1回があります。
授業の質問は対面授業・Zoom質問会にて直接講師に質問をしていただけます

学習スタートはいつからでもOK!

初級講座 カリキュラム内容

  1. 1.

    気血両虚証(冷え症・慢性疲労・免疫力アップ)の弁証と薬膳施膳
    陰虚水毒証(むくみ・だるさ・水太り)燥病(カラ咳・乾燥症状)の弁証と薬膳施膳

  2. 2.

    気滞血瘀証(ストレス・循環器系疾患・瘀血証)の弁証と薬膳施膳
    臓腑兼証(肝・胆・心)うつ・不眠・精神疾患の弁証と薬膳施膳

  3. 3.

    気陰両虚証(夏バテ・ガン治療中)の弁証と薬膳施膳
    陰虚火旺証(更年期障害)の弁証と薬膳施膳

  4. 4.

    外風(風邪・花粉症)の弁証と薬膳施膳
    内風(かゆみ・頭痛・めまい・痙攣)の弁証と薬膳施膳

  5. 5.

    風湿証(肩コリ・関節痛・腰痛など)疼痛性疾患の弁証と薬膳施膳
    臓腑兼証(肝・腎)生殖機能アップ・不妊・アンチエイジングの薬膳施膳

  6. 6.

    【肝】お茶(理気や活血をテーマにしたメニュー作り)
    ◇肝に効かせる春の薬膳

  7. 7.

    【脾】砂糖(痰湿 水毒 健脾をテーマにしたメニュー作り)
    ◇脾に効かせる梅雨の薬膳

  8. 8.

    【心】出汁(養心安心をテーマにしたメニュー作り)
    ◇心に効かせる夏の薬膳

  9. 9.

    【肺】その他の食材(補衛気や解表をテーマにしたメニュー作り)
    ◇肺に効かせる秋の薬膳

  10. 10.

    【腎】塩(補腎陽、補腎陰をテーマにした、メニュー作り)
    ◇腎に効かせる冬の薬膳

日程

通学日程

1日2講座  10:00 ~ 17:00 (1時間休憩)

  • 2022年10月20日(木) 3⃣
  • 2022年11月19日(土) 1⃣
  • 2022年12月15日(木) 2⃣

Zoom生質問会日程

14:00 ~ 16:00

  • 2022年9月25日(日)
  • 2022年11月27日(日)

通学日について

中級サポート期間6か月の間にいずれかの通学日
【対面】か、【Zoom】もしくは【後日配信視聴】かで参加してください。
(※参加は任意となります※)

動画視聴について

自宅で動画授業を必ず視聴してください
予習・復習、テスト対策となり繰り返し見ることで知識が定着します

オンライン試験日について

受講期間6か月最終月の末日までに完了してください

「薬膳食療法専門指導士」資格認定試験

オンラインでご受験いただきます。
合格者の方に試験終了後、1ヶ月ほどで「薬膳食療法専門指導士資格認定書」をお送りいたします。
(70点以上で合格です。)

受講料

253,000円(税込)(講座費・DVD代・試験費込み)

※お支払いはクレジットカード・コンビニ決済・キャリア決済・楽天ペイ決済等が可能です。

二番目にわかりやすい!薬膳本科受講資格として

・国際薬膳学院の「一番わかりやすい!中医学基礎理論と薬膳入門」(通信講座含む)修了者
※他の学校の修了書や認定資格をお持ちの方で、この講座を単独でご受講されたい場合は 当学院実施の試験を受験し75点以上で合格するとご受講いただくことができます。

生徒さまの声

M.Mさま (50代/女性)

通信講座でありながらも、オンライン授業を通して先生とお話をすることで中医学や薬膳の理解につながっただけではなく、自分自身や家族の健康に関するアドバイスもいただくことができ、心強い支えとなりました。感謝の思いで一杯です。

T.Kさま (50代/女性)

学ぶことが楽しくDVDもあっという間に視聴し、とても充実していました。まだ理解できていないところもあるので、繰り返し視聴したいと思います。

S.Aさま (50代/女性)

よくある疾病の中医学的な見方を本当にわかりやすく教えて頂けました。もともと、薬膳よりも中医学を知りたいという希望が強かったため、どうしても食材の性質を覚えることが苦手なままなのですが、日常のケア、体に負担を掛けずにバランスを取り整えていくという意味では、食べるものを知ること、食べ方を知ることというのは本当に大切だと思っています。これからも少しずつでも気にかけながら覚えていきたいと思います。

お申込み

『DVD BOX・テキスト本・認定書郵送希望』の方はこちら

『動画視聴・テキスト本・認定書をデータで希望』の方はこちら

開校日カレンダー