上級資格取得講座「三番目で制覇!薬膳専科」

講座概要

「和学薬膳®博士」授与講座 

「和学」とは日本古来の歴史や言語、文化を研究する学問のこと。これに薬膳の考え方を融合させ、本場中国の中医学の知識を日本人の風土や環境、体の状態に合わせて体系立てた「日本人の体を治す、日本人のための使える薬膳」として徹底的に「日本人の体を治す日本人に特化した薬膳」を学ぶカリキュラムです。

本場の中医学の知識を日本人の風土や環境、日本人の体質やかかりやすい病気を徹底分析して新しく体系立て
古来から日本人の身体を救ってきた発酵食など、日本で手に入りやすい食材を使って、日本人の生活スタイルや取り入れやすさまで考慮し、日本人がよくかかるアレルギーや感染症、ガン、精神疾患などの弁証と食療をしっかりと身につけていただきます。

薬膳が日本の食文化として根付くことを最終目的とした、日本人のための本当の薬膳をお伝えいたします。

講座のおすすめポイント

  • 日本人に多い相談内容は「病気から」。その質問に対応できる力を身につけます
  • 無形文化遺産の和食や日本の季節感、暦の使いこなし方などから日本ならではの食の打ち出し方を学びます
  • 薬膳講師としてのセルフプロデュース法や日本の食に関わる法律を知り、この先の活動の道筋を卒業前に決めることで、卒業後資格を取ったままということなく活動開始ができます

上級薬膳専科修了後の資格の活かし方

  • ご卒業後、和学薬膳®協会にご入会後、認定講師養成講座と研修講座を受講すると国際薬膳学院の認定講座を2講座開講できます
  • デモ試験合格後、国際薬膳学院の初級「一番わかりやすい!中医学基礎理論と薬膳入門」をご自身の講座として開講できます
  • 単発講座や再受講講座に特別割引が適用されます

詳細は準備中です

生徒さまの声

S.S様 (30代/女性)

中級・上級は何から手をつけたら良いのか、呆然としてしまいましたが、とりあえず何度もDVDを見て、メートに書き起こしました。だんだん知識が増え、理解や納得が進むと楽しかったです。赤堀学院長の講座は良い意味で固くなく、分かりやすいカジュアルな表現をしてくださるので、飽きずに最後まで見ることができました。また、学院のアットホームな雰囲気も良いと思いました。

H.M様 (30代/女性)

色んな薬膳の学校が増えている中、通信だけで試験まで受けられる事はとても魅力的です。内容も充実しており、国家資格を持った方の話にもついていけます。質問に対しても迅速に対応していただき、何より先生の温かさを感じました。

C.S様 (40代/女性)

中医学の知識の引き出しをより実践的に使えるように意識された内容の授業が豊富だと感じました。上級講座を受講したお陰で日本人の体質に特化した中医学も学ぶことができました。

お申込み

『DVD BOX・テキスト本・認定書郵送希望』の方はこちら

『動画視聴・テキスト本・認定書をデータで希望』の方はこちら

開校日カレンダー