今までにない薬膳教育「日本人のための薬膳」/ 国際薬膳学院・大阪 / 東京

薬膳が身につかない、使いこなせない理由と解決方法

【薬膳に関してこんなお話をよく聞きます】

 

1,薬膳は難しい!→習ったことがあるが全くわからなかった

2,習ったことをすぐに忘れてしまう→使いこなせている実感がない

3,これまで薬膳の資格を取ったけど→何もしないでそのまま

4,食の仕事がしたい!手に職をつけたいけど→何から始めていいのかわからない

 

 

【国際薬膳学院の生徒様には、このように上記の問題を解決していただいています!】

 

1,薬膳は難しい!

 

文字だけで追うと全く理解不能な薬膳の世界。

これをイラストたっぷり、図をたっぷり、

たとえ話や普段の日常生活の中で出てくる症状から

薬膳の法則を覚えていきます。

自分事と感じると自然と身につくものです。

 

また講師の経験や、その時の天気・時事問題などと絡めてお話します。

普段の気になるニュースや、よく知っている人物からの体質診断法、

普段から馴染み深い食べ物と効能と使い方を結び付けて覚えていただきます。

 

2,習ったことをすぐに忘れてしまう

 

授業で習ったことをその日の晩御飯に実践する方法をお伝えします。

 

その日に習った食材を、今晩の調理に使うときのポイント

調理法、合う体質、週にどのくらいとればいいか、などなど

具体的な実践方法をたくさんお伝えしています。

 

習ったことをそのままその日中に活かすことで

頭に定着し、暗記しなくても覚えられるようになります。

 

さらに作ったものの意味や効能

なぜこの料理にしたのか?を食べる人に直接伝えると

学んだことが頭に定着する率は、なんと90パーセント!!

 

 

 

3,薬膳の資格を取ったけど、何もしないでそのまま

 

まずはご自身やご家族の体で、学んだことを実践してみましょう。

 

朝起きる時、目覚めの具合は?

便通は?

生理の状態は?

肩こりや腰痛や頭痛の頻度は?

冷える場所や冷える時期の体の変化は?

 

そのようなことを感じ取りながらの食材の選び出し方

また変化に応じた微調整、

食材の寒熱の組み合わせ方でその人に合わせる方法などをお伝えします。

 

また卒業までにご自身の強みを徹底的に割り出し

「自分ならではの薬膳の打ち出し方」を見つけるご指導をいたします。

 

こうすることで人気講師として活躍できる

オンリーワンの薬膳講座が作れる講師へと成長していただきます。

 

4,食の仕事がしたい!

 

初級から上級資格講座修了後

卒業生だけが開講できる「はじめての食材効能薬膳」講座という

認定講師が開催できる資格講座をご用意しています。

 

講座内容のカリキュラムだけでなく、

*印刷すればすぐに使える生徒様配布用レジュメ

*食材の理解が出来ているか最後に確認する試験

*合格するともらえる「食材ソムリエ」認定書

*講師のための指導書手引き

全てがセットになってついています。

 

卒業後、講師としてスムーズにお仕事をスタートしていただけます。

 

 

当学院を卒業し、認定講師として全国で活躍してくれている

方々のご活躍はこちらからどうぞ!

卒業後の進路 | 国際薬膳学院 大阪 東京 (yaku-zen.jp)

 

2021.01.21