今までにない薬膳教育「日本人のための薬膳」/ 国際薬膳学院・大阪 / 東京

食のこだわりのハードルは少しずつ上げてみましょう!

こんにちは!

国際薬膳学院 副学院長の寺薗真衣です。

緊急事態宣言が解除されましたね。

東京はまだまだ元の状態に戻っていくのには時間がかかりそうですが、

ここが踏ん張り時!頑張っていきましょう!

 

旦那さんが在宅勤務になったことと、

息子が少しずつ食べられるものも量も増えてきたことで、

この1か月はみっちり3食の食事の準備をすることになり、

あれこれ考えることがありました。

そんな、コロナ自粛で感じた食の気づきをシェアしたいと思います。

 

 

おうち時間が増えたことで、今まで作ったことのなかったものをじっくり作ってみた方、

一人で過ごすことが増えて簡単に食べられるものでさくっと食事を済ませることが増えたかた、

あなたの周りの食環境も色々だったと思います。

もしかしたら、その影響はもう体に表れ始めてるのではないかな?と思います。

 

 

例えば、おひとりさまで、カップラーメンを食べる機会が増えた人は、以前より疲れやすくなったり、

自粛解除になっても、会社に行く気がなくなってしまったり、

家族で一緒に手作りのご飯を作る機会が増えた人はもしかしたら笑顔が増えたりしているのかな?
作っているママはお疲れ様です!!!!

 

お菓子やケーキを作る機会が増えた方は、うわ!こんなに油入れるのか!とか、

うわ!こんなに砂糖が入ってるのか!

と衝撃の気づきもあったのではないでしょうか??(笑)

トマト缶に冷凍していた炒め玉ねぎを入れて煮立たせて、米粉のカレールーを少しだけいれた
ほぼトマトカレー。
パパには作り置きしていたちっさなハンバーグを入れときました(笑)

息子用に作っているジャガイモや人参の蒸し野菜を切って混ぜ込んだら5分で完成です(笑)
バジルはプランターで育ててるやつをトッピング!

お昼は特にスピード勝負(笑)

 

 

私もこの2か月弱の自宅待機生活を過ごして、

以前にもまして元気いっぱいの2歳児の息子の相手につかれてお菓子を食べる機会が増え(笑)

久しぶりに足首にアトピーが出ています(笑)

「身体って本当に食べたものでつくられているな」

とあらためて感じましたし、それと同時に、

「乱れて体調が悪くなっていくスピードはあっという間なのに、乱れたものを整えるのって時間かかる!」

とも感じています。

コロナ自粛のおかげでいろんなものを手作りして、丁寧に食と向き合えた方は、

身体も心も軽くなっていくのを感じているかもしれませんね。

解除になってもコロナが地球上からなくなったわけではないので、引き続き免疫力の高い体づくりは必要になってきます。

そこで!是非、明日から、昨日より一つだけこだわって食に向き合ってほしいな、と思っています。

とはいえ毎日3食食事作りってある程度スピードも必要ですよね。
(こないだ疲れて寝てしまった時に旦那さんがごそごそ晩御飯を作ってくれたんですが、2時間半かかって八宝菜だけ!(笑)
いや、とってもとってもありがたかったし美味しかったけど、でもね、ちょっと時間かかりすぎです(本人には言わんけど笑))

そうなってくると、手軽さを買うために、これ一本で!という調味料などのお世話になることもあると思います。

すべてにこだわって作れている人はいいのですが、

レトルトに頼っていた人に、いきなりすべて手作りでこだわっていきましょう!なんて言っても、ハードルが高すぎて絶対挫折しますよね。

なので、一個だけステップアップするのです。

 

たとえば、カップラーメン食べちゃうなーって人は、増えるワカメもいれとこう!とか

刻んだサラダ買ってた人は、レタスを手でちぎって、プチトマト乗せる!とか、

即席みそ汁買ってた人は、お味噌に鰹節かけてお湯注いでみる、とか、

自分ではじめて何か作ってみよう!というときはできるだけ余計なものが入ってなさそうな麺つゆ1本買ってこよう!とか

ドレッシング買ってた人は、おいしい塩と、おいしいお酢と、おいしいオリーブオイル買ってくる!とかね。

私が時間に追われて食事を準備する!というのを経験したのは母ががんで入院した時の、自分と父の食事作りだったんですが、

その時初めて買ったレシピ本は「電子レンジでできるレシピ」でした(笑)

そうやって食のこだわりのハードルを一歩一歩あげていった結果、

ドレッシングと麺つゆは当たり前に買っていましたが、今は家にありません。

買っている調味料(マヨネーズとか、ウスターソースとかね)も、内容をしっかりチェックして、これなら!と思えるものをチョイスしています。

(学院の2番目の講座でご紹介しているレシピは麺つゆなどもも使っていますが、こだわれる人はぜひ自分で作ってみてくださいね!)

食のこだわりのハードルは一歩ずつ!

まとめ:毎日の食事作りはほんとに大変!でもちょっとしたこだわりが少しづつ積み重なると身体は必ず変えられる!

 

是非あなたも心掛けてみてくださいね!

2020.05.27