今までにない薬膳教育「日本人のための薬膳」/ 国際薬膳学院・大阪 / 東京

母子の薬膳弁当

こんにちは!
国際薬膳学院 副学院長の寺薗真衣です。
先日、体調不良で外出できなかったとき、何とか気分を上げようと
お弁当を作ってみました。
私のお弁当
*スイスチャードをまいたおにぎり2種
一つはカリカリ梅+ひじき+ごま
もう一つは鶏むねそぼろ+紅ショウガ
歯ごたえでストレス解消と血を増やすメニュー!
*ブロッコリースプラウトとトマトのいかなごあえ
芽吹きの季節は芽吹いたばかりの食材「スプラウト」が外せない!
というわけで、ブロッコリースプラウトをいかなごに絡めてみました。
*小松菜とパプリカの胡麻ドレあえ
血を増やす小松菜と巡らせるパプリカのコラボ!
黄色パプリカと赤パプリカの薬効いいとこどりなのがオレンジパプリカ!
というわけでオレンジパプリカをチョイス!
*ブロッコリーのポン酢風味
すこし歯ごたえがあるゆで方のブロッコリーをポン酢で。
柑橘の巡りと酸味で肝をよろこばせています☆
息子のお弁当
*お野菜たっぷりまぜごはん
えのき、春キャベツ、ニンジンの重ねにをまぜこんで、ブロッコリーでおかざり。
脾(胃腸)にやさしいキャベツとにんじんをたっぷり、
ブロッコリーは筋肉の強化にもなります。
*安納芋の焼き芋 ごまトッピング
やさしいけれどしっかりした甘さの安納芋の焼き芋に、黒すりごまでアクセントをつけています。
どこもいかなくってもちょっとお弁当箱に詰めると気分が上がりますね!
お花見には行けなかったけれど、新緑が気持ちいい季節になってくるのでピクニックも楽しみです!GWはどこかにピクニックに行けたらいいな!

食材の効能と、季節ごとの養生、

 

こんな時どうする??をしっかり知っておくと、冷蔵庫にある食材で、パパっと養生メニューを作ることができるようになります。

 

あなたも新たな学びを始めてみませんか?

国際薬膳学院 東京恵比寿校5月から開講します!

 

 

 

国際薬膳学院HP

5月25(土)開講!一番わかりやすい!中医学基礎理論と薬膳入門
月1回ペースで5か月で習得!遠方の方にも人気です!

2019.04.29

目にも鮮やか!ヒオウギ貝で気分をあげる!

こんにちは!
国際薬膳学院 副学院長の寺薗真衣です。
ふるさと納税であれこれ地方のおいしいものを注文するのが好きな旦那、
こんなものを注文していました。
ヒオウギ貝といいます。
ご存知ですか?私、初めて見ました!
ホタテ貝と同じ二枚貝の仲間ですが、このビビッドな貝殻がすごい!!
これで天然の色なんて信じられない!
このカラフルさ、なんだか肝によさそう(笑)
見た目で元気がもらえる気がします!
貝の身のほうは見た目はほぼホタテ。ホタテよりひもがぬるぬる汚れている感じがしました。
味はすこし磯っぽいというか、「貝」っぽい感じ。
(なので、肝だけでなく、腎にもよさそう♪)
貝のクセが好きな方はお好きかも!
(私は正直、ホタテでいいです(笑))
貝の成分といえば、なんといってもタウリン。
肝機能の強化にいいですし、疲労回復にも。
中国では子供向けの風邪薬にも配合されているんだとか。
子供は肝が強いので、その考え、素晴らしいですね。
せっかくの新鮮な貝、すぐに調理しましたよ☆
小松菜と貝のソテー 陳皮ペッパーとバター風味
ショウガを利かせた酒蒸し ブロッコリースプラウトと一緒に
一気に二種類!(笑)
ホタテよりちょっぴり癖があるので、お上品な酒蒸しもいいですが、陳皮入りの黒コショウがなかなかいいお仕事をしてくれました。
ホタテ貝と違い、岩場などに張り付くタイプのようで、貝殻ごとの調理ができませんでしたが、しっかり目で楽しんでおきました(笑)
(このまま焼くと色あせてしまうんですって)
半分は冷凍して、炊き込みご飯にしようかな♪

 

食材の効能と、季節ごとの養生、

 

こんな時どうする??をしっかり知っておくと、冷蔵庫にある食材で、パパっと養生メニューを作ることができるようになります。

 

あなたも新たな学びを始めてみませんか?

国際薬膳学院 東京恵比寿校5月から開講します!

 

 

 

国際薬膳学院HP

5月25(土)開講!一番わかりやすい!中医学基礎理論と薬膳入門
月1回ペースで5か月で習得!遠方の方にも人気です!

2019.04.24

肝の喜ぶおしゃれ野菜で血巡りケア!

こんにちは!
国際薬膳学院 副学院長の寺薗真衣です。
みなさん、スイスチャードってご存知ですか?
ほうれん草の仲間で、軸がとってもカラフルなお野菜です。
ほうれん草と同じように血を補う働きがあり、それでいて赤や黄色などでとってもカラフル♡
春の薬膳は緑の濃い葉物野菜を使うことが多くて、
緑がたくさんのテーブルになります。
そんな中で差し色になって、さらに赤や黄色などの色素がいかにも「血」になってくれそうで
見た目がきれいで目にもおいしいなんて素敵!
目においしい、っていうのも春に養生したい「肝」の管轄の目をケアすることにつながるので、とってもいいこと!
さっとゆでて、ぶりのムニエルに添えてみました。
塩麹につけこんだぶりに葛粉をまぶして、米粉でさっくり焼きました。
バルサミコ酢のソースを添えて、陳皮をパラり。
片栗粉ではなく、葛粉にして、
さらにぶどうのお酢のバルサミコ酢を使って、
みかんの皮の陳皮をつかって香り良く仕上げたのが春薬膳!
ほうれん草より茎がしっかりしているので歯ごたえも出ていい感じ!
皆さんも、スイスチャードを見かけたら是非使ってみてくださいね!
おしゃれに春の薬膳になりますよ!

2019.04.22

頭痛、のどがつかえる、足がつる…といえば春の訪れ!

こんにちは!

 

国際薬膳学院 副学院長の寺薗です。

 

この間までさむかったのに、日増しに暖かい日(いや、暖かいを通り越して暑い日)が増えてきました。

 

春、お好きですか?

 

私は大好きです!

 

小さいころは鴨川がお散歩コースだったり、庭に桜の木が一本生えていたり、

 

中高は桜の名所、哲学の道が通学路だったり、

 

今実家が嵐山にあったりで、幼いころから桜に恵まれて育ったからか、

 

気づけば、あまりお花見に行っていなかったな・・・

 

としみじみ。

 

そういえば、東京でも、家の近くに小さな桜の名所、野川という川があります。

 


今年はあと一歩でベストシーズン!というぎりぎりの京都の実家で長めに過ごし、

 

帰ってきたら東京の桜のシーズンが終わってしまったので、

 

なんだか桜不足な感じで終わってしまいました(笑)

 

春は、自律神経を担当している「肝」の気が滞りやすい季節です。

 

草木が一気に芽吹くように、自然界のエネルギーは下から上へ上へ向かっていきます。

 

身体はそのスピードについていけず、頭でエネルギーがたまって顔周りの症状となって現れるのです。

 

五月病などが有名なように、気が滞ってうつうつしたり、いらいらいしたりするだけでなく、

 

花粉症や、

 

めまい、

 

ふらつき、

 

頭痛、

 

足がつる、

 

筋が違える

 

目がぴくぴく

 

・・・などなどもそれが原因です。
「朝起きると頭が痛い」「あしが最近良くつる」

 

なんていう方が増えるのはそんなことが原因になっているのです。
いつも、薬局勤務時代には、頭痛の患者さんが増えるたびに、

 

春が来たなぁ・・・と感じていたものです(笑)

 

 

4月から新しい環境で、気を遣ってつかれたり、

 

思うように行かなくてもやもやしたり・・・・

 

そんな時は香りの良い食材ですっきりリフレッシュ!

 

肝を喜ばせてあげてくださいね!
シソや、チンピ(みかんの皮)、柑橘系のフルーツを取り入れましょう!
柑橘系も、シソも、春の香りも大好きな私も、がっつり肝を養っていこうと思います(笑)

 

鯛の赤しそ包み昆布あんかけ

 

梅肉を塗った鯛を赤紫蘇で包んで、こぶ出汁のあんかけをかけました。

 

スナップエンドウをあしらってます!

 

酸味・香り・歯ごたえどれも春の養生ポイント☆

 

身体の巡り!とっても大事です!

 

さらに、新しいことにチャレンジするのもおすすめの季節です!

 

薬膳の第一歩踏み出してみませんか?

 

食材の効能と、季節ごとの養生、

 

こんな時どうする??をしっかり知っておくと、冷蔵庫にある食材で、パパっと養生メニューを作ることができるようになります。

 

あなたも新たな学びを始めてみませんか?

 

2019.04.21

春一番のおすすめ薬膳食材:ふきのとう

早春、いち早く私たちに春を告げるのが

「春一番」と「ふきのとう」。

fukinotou
土の上に顔を出す花のつぼみがふきのとうで

伸びた葉の柄がふきと呼ばれます。

 
薬膳ではふきのとうは早春に芽吹く香りのよい山菜の中でも

その苦みが健胃によく、

また 咳や痰を鎮める食べ物として知られています。

 
ふきのとうやふきが手に入ったら

味噌和えやおひたしにして食べてみてください。
山菜は天ぷらという調理法もやはり定番ですね!

揚げ物は咳が出ていないときにしましょう。

 

 

あ~春の訪れを告げる幸せな香り!

2016.02.20

この時期おすすめの薬膳食材:昆布、ひじき、のり

こんにちは!

国際薬膳学院 学院長の赤堀真澄です。

 

冬によい「黒い食材」としておすすめの海藻類は

日本人がためにため込んだ痰湿の排出にぴったり!

 

補腎の料理開発

 

中医学では、痰は口から吐き出せる痰だけではなく

関節や経絡にこびりつく見えない

「無形の痰」がたくさんあると考えます。

 

 

冷えたビール、すし、刺身、サラダ、生ビールを好む

日本人の救世主である海藻類をぜひどうぞ!

 

★海藻類は、無形の痰を排出し、しこりをちらします

★含まれるフコイダンはガン予防に効果的です

 

 

食材の効能をたっぷりとクイズ形式でご紹介!

国際薬膳学院の食材効能検定®のページもぜひ

ご覧くださいませ!

 

 

2016.02.10

なつめちゃんの目的別薬膳茶をご紹介しま~す!

こんにちは!なつめちゃんで~~~す♡

なつめ 営業スマイル - コピー

花粉が飛んでます!!みなさま、大丈夫ですか?

鼻をかみすぎて鼻の下ガビガビにならないように気をつけて!!

(ちなみに馬油を塗りこむとガビガビにならずに済みますよ)

 

 

今日はなつめちゃんが毎日飲んでいる薬膳茶をご紹介しま~す!

なつめちゃんと生姜

なつめと生姜を煮出したなつめ生姜茶で~~す。

体が冷えるとくしゃみ連発、水のような鼻水がとめどなく出る方の、体質改善にはぴったりですよ!!

 

なつめ4個と生姜のスライス2~3枚を水600ccに入れて、はじめ強火、沸騰したら弱火にして

400ccになるまで煮詰めてくださいね!

お好みで蜂蜜を入れてもOK!!

1日2回、温めて飲んでください。

 

体が冷えてむくみを感じやすい方、体内の水分のめぐりが悪い方に

なつめちゃんから特におすすめします♡

 

最近こういう薬膳茶を水筒に入れて持っていく薬膳女子が急増中!!

なつめちゃん、うれしいです~♡♡♡

表彰状をあげたいぐらい(*^_^*)

 

冷えやすい方は、ぜひ一度作ってみてくださいね~~~!!

 

2014.02.26

なつめちゃんの親戚をご紹介しま~す!

なつめ 営業スマイル - コピー

みなさ~ん、こんばんは!なつめちゃんで~す!!!

 

今日は中国や香港では普通に売られている私の親戚をご紹介しま~す!!

0920

これ全部なつめちゃんの親戚 in China!

 

一番大きなのが「蜜なつめ」ちゃん!

大きいでしょ~、縦に筋状にカットされて砂糖漬けになったなつめです。

薬膳の本場、香港では薬膳スープの具に良く入ってるんですよ!

煮るとホロホロになって、柔らかくて美味しいんです。

 

その右横は漢方薬のお薬に入っている「黒なつめ」ちゃん!

色グロで乾燥肌~(笑)

でも薬効はもっとも高いんです。

黒なつめちゃんのこと尊敬しちゃうね!!

 

下は半生タイプの「やわらかなつめ」ちゃん!

食べやすいように種が取ってあります。

皮まで柔らかいので、そのまま食べられます!

和え物やサラダなどにも使えま~す!

 

 

目的や調理法に合うなつめを選べるバリエーションが豊富なのがいいですよね!

 

 

 

 

 

 

2014.02.20