今までにない薬膳教育「日本人のための薬膳」/ 国際薬膳学院・大阪 / 東京

空気の乾きが気になる時に。里芋のお汁粉 レシピ動画をどうぞ!

皆様こんにちは。

国際薬膳学院 学院長の赤堀真澄です。

 

空気の乾きが気になる季節ですが

皆様お元気でお過ごしでしょうか。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

世界の名物料理の置き換え薬膳

里芋しるこ 調理動画をお届けします

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

香港で有名なタロイモのお汁粉は

芋を使った香港スイーツの中でも現地で大人気!

 

優しい甘さと滑らかな口当たり

プチプチのタピオカ食感にほっこり幸せ感に包まれます。

 

タロイモは日本ではなかなか手に入らない食材ですので

タロイモを里芋に置き換えた

世界の名物料理の置き換え薬膳にしてみます。

 

「里芋をお汁粉にするなんて?!」

と思われるかもしれませんが

これ一度食べると病みつきになる!!

とよく言っていただいています。

 

里芋は、もし旬であれば生の里芋から作ると一層美味しいですが

どうせ潰して使いますので、冷凍里芋を使っていただいても

とても美味しく作ることができますよ。

 

調理動画はこちらからご覧ください↓↓↓

https://www.youtube.com/watch?v=Kz0p7iB2MqI

 

 

<動画の薬膳ポイント>

日本の食文化とかかわりの深い里芋。

なんと縄文時代にはすでに食べられていたと考えられている芋です。

 

里芋は白くてネバネバする食材ですから、

呼吸器や消化器の粘膜保護に良い食材と薬膳では考えます。

性質は平性ですので季節や体質問わずおすすめします。

 

またそれ以外の里芋の薬膳的ポイントは

「痰を取り解毒する」効能を持つこと。

 

ガングリオンやリンパ結腫などは

薬膳では「痰湿」と考えられており

それらを体外に排出する=解毒の力で追い出す

という効能があると考えられています。

 

潤しながら粘膜を守り

痰湿はしっかり排出してくれるなんて

私たちにとってなじみ深い里芋は

使いやすく有難い食べ物ですね。

 

 

 

<その他たくさんの薬膳レシピを動画でご紹介しています>

国際薬膳学院YouTubeチャンネル動画一覧はこちらからどうぞ!

https://www.youtube.com/channel/UCoGvmjv54SFmv22AdoI2Yow/videos

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

薬膳がはじめての方へ

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

「赤堀真澄の私塾 初級クラス 個別体質相談付き初級資格講座11月生最終募集」につきまして

 

このご時世に合わせた新しい指導方法を取り入れました。

 

教室を広く使い間隔を開けてご受講いただけるよう

『完全少人数制のプライベート私塾』初級クラスを開催いたします。

 

受講人数を制限した分、マンツーマン体制を強化。

お一人お一人の体質やご家族の体調などをお伺いしながら

「自分と家族の体質を元にしながら、初級の内容を習得していく」方法で授業を行います。

 

具体的には本来のカリキュラムを学ぶだけでなく、ご自身とご家族の体調に照らし合わせて覚えていくという

毎回の授業が体質相談付きになります。

 

我が事に置き換えて学ぶと不思議とスイスイ頭に入ってくる上、記憶に定着し忘れにくいものです。

ご受講生の頭に入りやすく身につくための、これまでの初級カリキュラム

陰陽・五行・気血水・臓腑・虚実・六淫・七情・薬膳食材・舌診・病気予防法を、それぞれご自身とご家族の体質から紐解き、深め、理解していきましょう。

 

(ご注意)この「赤堀真澄の私塾初級クラス」は今回が初の試みとなりますので、

今回11月スタート生のみご受講料はお値段そのままという特典付きになります。

来月以降、この私塾初級クラスを再度募集する際には、受講料が変更になります。

あらかじめご了承くださいませ。

 

11月14日(土)赤堀真澄の私塾初級クラス 日程はこちらをご覧ください。

https://yaku-zen.jp/course/kokusaiyakuzengakuin-ichibanme/

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

すでに国際薬膳学院の中級クラス

「二番目にわかりやすい!薬膳本科」を

修了された方へ

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

11月21日(土)より一層グレードアップした新カリキュラムでスタート!通学上級クラス開講決定しました。

引き続き「三番目で制覇!薬膳専科」受講生募集中です。

 

これまでの日本人のための薬膳に加え、一層食べる人の体を診る力を高めるため

 

*慢性感冒・自己免疫疾患・がん・胃腸の疾患・生活習慣病・泌尿器系疾患の弁証訓練シートを導入

*中医学専門用語解説をカリキュラムに導入

*証の分類から食材をまとめた資料を導入

*薬膳を仕事にしていくために必要な薬事法・景品表示法・コピーライト、著作権を知る授業の導入

*自分で調理したものをお金をいただいて提供する際に知っておきたい注意事項

 

この11月クラスは土曜日に開催いたします。平日の通学が難しい方もこの機会に是非ご検討ください。

 

 

上級クラス「三番目で制覇!薬膳専科」

11月21日(土)4か月間 全24コマ 8日間の通学(土曜日クラス・自宅学習用教材あり)

https://yaku-zen.jp/course/2020nenn11gatusanbannme/

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

すでに国際薬膳学院の初級クラス

「一番わかりやすい!中医学基礎理論と薬膳入門」

を修了された方へ

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

初級で学んだ基礎の土台の知識を活かして、

テーマ別に気になるものだけを選んで受けられる

DVD教材を多数ご用意しています。

 

<通学講座と同じ内容で資格取得が可能です>

通学講座の初級~上級クラスが全てDVD受講可能になりました。

https://yaku-zen.jp/correspondence_course.html

 

 

<美容薬膳講座が単発DVD講座になりました>

座学+調理動画+調理レシピカード+レシピカードファイル+レジュメがついて

お好きなテーマだけ学べます

 

「私の薬膳セルフケアシリーズ」

 

①はじめての気血水体質診断と体質別薬膳スープの作り方

・・・気血水の体質分類を座学動画で学び、タイプ別薬膳スープの作り方を調理動画で4品学びます

 

②中医美容学「ニキビ・吹き出物改善の美容薬膳」

・・・若者のニキビと壮年期のニキビは原因が異なります。その違い、ニキビの出る位置、ニキビの色で原因

を探ります。調理動画では4品美肌に良い薬膳を収録しています

 

③中医美容学「シミ、しわ改善の美容薬膳」

・・・シミやしわは体の中の状態と連動しています。その原因、食べるべき食材、調理動画を収録しています。

 

①②③それぞれ1テーマ10,000円(税別)見たいものだけ選べます。

https://yakuzen-table.stores.jp/?all_items=true

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ご不明点がございましたら

いつでもお気軽にお問い合わせください。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

事務局まで06-6358-8901

(日・月定休)10時~16時まで

 

それでは引き続き、お体に気を付けてお過ごしください。

今後とも国際薬膳学院をどうぞよろしくお願いいたします。 国際薬膳学院 学院長 赤堀真澄

 

□・────────────────────────・□

◆講義の日程確認はこちらから◇

https://yaku-zen.jp/course/

 

◆各種お問合せはこちらから◇

お問い合わせ・資料請求

 

◆国際薬膳学院 講師のブログ◇

https://yaku-zen.jp/iya/blog/

 

◆国際薬膳学院Instagram◇

https://www.instagram.com/kokusai.yakuzen.gakuin/

 

◆国際薬膳学院Facebook◇

https://www.facebook.com/InternationalYakuzenAcademy/

 

◆国際薬膳学院販売専用サイトyakuzenTABLE◇

https://yakuzen-table.stores.jp/

 

 

 

配信停止ご希望の方はお手数ではございますがこちらから解除をおねがいいたします。

https://resast.jp/page/ss/144925

 

メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。

2020.11.05

白い食材のポテンシャルを感じる

こんにちは!

 

国際薬膳学院 副学院長の寺薗真衣です。

秋といえば「白」の食材!

 

というのは薬膳の基礎で学ぶポイントの一つです。

 

その理由は、秋の乾燥によって弱る呼吸器系やお肌(中医学でいうところの「肺」)のトラブルに対応出来る効能を持つものに白い食材が多いから。

 

日本の民間療法的にも、

 

咳をするといえば蓮根の粉を使いますし、

 

のどが変だな、と思ったら蜂蜜大根をつくったりします。

 

そしてにんにくやねぎや生姜などの香味野菜は風邪予防によいというのを

 

昔ながらの知恵といいますか、どこか感覚的なところで知っている気もします。

 

 

そして薬膳の知識を身に着けると、

 

白いものは2つに分類出来て、

 

白くて辛みのあるものはカーッとするその発散力で風邪などの邪気を跳ね返すちからになり、

 

白くて辛みのないものはじゅわっと体の中を潤わせて、身体の加湿器をチャージする力になる、ということを学びます。

 

 

そして、さらに白い食材はよくよく考えると、

かぶや大根は消化酵素を持っていたり、えのきや蓮根や山芋や里芋は加熱したらぬるっとして、胃腸への負担を軽くしてくれる効能まで持ち合わせていることに気づきます。

 

よく、白いもの=精製された砂糖や小麦粉 というイメージがあるところから、

白いものは身体に悪い

なんていわれたりもしますが、

 

自然界にそのまま存在する「白」はなんてポテンシャルが高い食材なんだろうか!!と最近しみじみ感じています。

 

 

秋の養生は「白」い食材で「辛み」をうまく取り入れる、と言いますが、

 

かぶや大根、や玉ねぎやねぎ、そして白菜だって、加熱度合いで「辛み」が「甘味」に変わるではありませんか!!

 

甘味は潤いを産む味でもありますし、野菜から出る甘味はうま味でもあるので、これまた滋味深く染みるお味になる訳ですよね。

 

サラダで食べるか、おだししみしみの煮物で食べるかで、アプローチを調整できるなんて、優秀過ぎる!!!

 

白くて辛くないの方に分類される白いお野菜にも、ちゃあんと、肺をうまく調整する機能が備わってたんだな、なんて

 

この間白菜のサラダを作っていてほんのり感じる辛みに一人ニヤついていた私なのでした。

 

 

あなたもこの秋は、「白の食材の使い手」になってくださいね!(見てないけど鬼滅の刃風(笑))

 

 

2020.10.29

色で感じる季節の移ろい

こんにちは!

 

国際薬膳学院 副学院長の寺薗真衣です。

 

結婚して自分で食事を作るようになってから、ずっと食事の写真を撮り続けています。

 

カメラスキルは決して高くないのと、

 

携帯のクオリティにも左右されるので、

 

毎日、いい写真が撮れている!というわけでは決してないのですが、

 

それでも写真を撮り続けていると、カメラ越しに季節を感じるな、と最近しみじみ思います。

 

特に、薬膳を実践するようになってからは意識的にやっていることもあったのかもしれませんが、

 

春は緑が多くて爽やかな感じ、

 

梅雨はおなかにやさしい黄色と黒の感じ

夏はビタミンカラーでビビッドな感じ、

秋は白が多くてしっとりとした感じ

冬は黒が多くてまったりした感じ。

 

旬の野菜が少しずつ変化して、食卓の色どりが変わるって、季節を感じられていいなぁ・・・と思いませんか?

 

食卓の色が変わる=身体が求めるニーズが変わる=自然と身体をケアしている

 

ということを普通よりほんのちょっと強く意識したのが薬膳なんだな、と、改めて感じています。

 

最近は急に秋らしい気候になってきて、

 

自然と白っぽいものが食卓に並んでいて、

 

お、秋が来てるな、と一人にやついてしまいました(笑)

 

 

夏に色味が少ないと、なんか物足りない!と感じるのに、

 

秋に白っぽいとあ~いいな、と思ってしまうのがすごいことだな、と思ったりしています。

 

 

薬膳を知ることで季節の移ろいを大切にする気持ちがより高まって、

 

忙しい毎日のなかでもすこし一呼吸おけるようになってるのかな、なんて思ったりして。

 

こんなしみじみした気持ちになるのも、たぶん秋のせいですね(笑)

 

 

あなたもこの秋、薬膳を食卓にとりいれてみませんか?

 

2020.09.29

梅仕事で感じる「塩梅」

こんにちは!

国際薬膳学院 副学院長の寺薗真衣です。

梅雨が明けないなー…なんて思ってたら、明けたとたん一気に猛暑!

今年の梅雨は(関東は)気温も低く割と過ごしやすい日が多かったので、急に来た暑さがこたえます。

そんな時に我が家でなくてはならないのが梅干し。

今年の夏も梅にはお世話になりそうです!

皆さんもどうぞご自愛くださいね!

 

結婚してから息子が1歳の年以外は毎年つけている梅、

今年は3キロ弱つけました。

今年こそ干す用のざる買おう!と思いつつ結局このスタイル(笑)

去年の梅酢につけただけの白梅干し

塩を2種類違うものを使ってつけた紫蘇梅干し

の3種類の梅干しです。

 

梅干しづくり歴も7年?8年?になりましたが、ここへきてようやくコツがつかめてきた感覚が(笑)

今までは紫蘇を入れる心のゆとりもなく、ほぼ白梅干しでやってきたんですが、

(一回だけちょっとだけ入れたことはあるんですけど、ほんのちょっとだったので)

本格的に紫蘇梅を作るのは初めて(笑)

赤紫蘇は青紫蘇よりも薬効が高いし、

今年はコロナで何かと免疫力をつけておきたいこともあって、紫蘇の力を借りよう!

と思っていたらちょうどいい赤紫蘇が手に入ったこともあって、入れてみたのです。

梅干しと一緒につけておくものを一部よけてあとは全部パリパリに乾燥させました。

アルミホイルを敷いて干したらめっちゃ早く乾燥してましたよ!

ミルでがーッと粉砕して

ゆかりの完成!

何やこのおいしさは!!

なぜ今まで作らなかったのか!!

来年はもっと作らねば!

というくらい、超絶おいしかったです(自分で言う、笑)

 

ちなみに異なる塩2種類(海の精と天塩)で味を比べると、

海の精は角がなくまろやかな味わい、

天塩はちょっとしっかり塩を感じるご飯が進む味わいに仕上がっていました。

 

同じ塩分濃度でつくってるのに、塩の種類が違うとこうも違うのか!

とこれまた感動しました。

塩の違いについては薬膳本科の食学コースでもお伝えしていますが、塩を変えて同じものを作って、加工した状態で食べ比べる機会ってなかなかないので、改めて塩の奥深さも実感です。

 

そんな時にしみじみ感じたのが「塩梅(あんばい)」という言葉。

塩梅とは、塩と梅酢の配合加減で味を変えて工夫をしていたことから、

料理の味加減やバランスを指す言葉となり、

物事の具合や調子から体の具合や健康状態まで様々な「具合」を表す言葉としても使われるようになった言葉です。

中国の宋の時代の書にも

「塩多ければ塩からい、梅多ければ酸っぱい、両者半ばすれば塩梅なり」という一節があって、

ここから味付けの良さを表す言葉となった、また梅干しを漬ける時の塩加減をさすようになったとも言われています。

初めての梅干しは、梅農家さんが入れてくれた作り方をそのまま忠実に作っておいしくできて、

もともとレシピをあまり見ない私は2年目から梅干しなんて、梅と塩を適当にまぜてつけとけば出来るでしょ、

ってナメはじめ・・・(笑)

そしたら塩分濃度高すぎてカチカチになったり、塩がなかなかなじまずかびたり、塩いっぱいあるのになぜカビる!?

なんていう失敗を何年か繰り返しました。

梅干しって一年に1回しか作れないので、感覚がなかなか育たず、

出産やなんやでバタバタしてたりもして。

今年は何年か漬け続けてわかってきた感覚と、

コロナで家からあまり出ない、という梅の面倒をじっくりゆったり見るのには良い環境が重なって、

今までで一番おいしくできた気がします(笑)

いつもなら塩の角がとれてくる半年くらい置いてから解禁する梅干しですが、すでにおいしい(笑)

何事もやってみないと感覚がつかめないし、できるようになってから自分好みに調整するのにまたひと頑張りが必要!

でもそこまで来てわかってくると、あとはいい感じにできます。

(薬膳の勉強も一緒ですね!やってみて、自分の得意な部分とか熱く語れるものにウェイトを持ってきたりしてアレンジしていくっていう感じ)

なにごとも「あんばい」だな!

と思った今年の梅仕事でした。

2020.08.07

うなぎの禁じられた食べ合わせに挑む!

こんにちは!

国際薬膳学院 副学院長の寺薗真衣です。

 

21日は土用の丑の日でしたね。

 

今年は例年に比べて雨が多い気がします。

 

去年はもう梅雨も明けていたような気がするんですが、まだ各地で大雨が降ったり、

 

蒸し暑くなったりと、なかなかの不安定な気候に加え、コロナで巡りもわるくなっているので

 

ことさらに脾胃へのケアが必要になってくると思います。

 

そんな今年の土用の丑の日は

・体の余分な水分をしっかり出すこと

・脾胃をしっかり守りながらウナギのスタミナチャージをすること

 

をテーマにおいて、こんなメニューになりました。

*ウナギの白焼き ワサビと塩添え

梅雨時期の足腰の痛ダル重と言えば、祛風湿の作用を持つうなぎ!(か、さくらんぼ)ですね!

個人的にはうなぎはかば焼きより白焼き派!

でもなかなか売ってなくて、スーパーを2件はしごして見つけました(笑)

かば焼きのうなぎは粉山椒ですが、白焼きはワサビ!

うなぎの祛風湿の作用とワサビの利水と殺菌の作用がいい相乗効果をもたらしてくれます。

たれのうなぎはお砂糖も使っているので、本来は土用に食べるなら白焼きの方がいいかも!ですね!
*しめじとオクラとおかひじきのおすまし

デトックス効果のあるキノコと、消化を助けてくれるねばねば食材に腫れを取る効能を持つおかひじきをプラス。

オクラのおかげで少しとろみがついて胃にやさしい!!

*割り干し大根とトマトの梅和え

夏の胃薬トマトに消化を助ける大根を組み合わせて梅の解毒作用でまとめてみました。

大根のコリコリ食感でトマトにアクセントをつけています。

 

*水菜と黒豆豆腐と枝豆のサラダ はとむぎトッピング 生姜ドレッシングで

身体の余分な水分を出し切るべく、豆をタップリ使ったサラダです。

黒豆と枝豆には補血の作用もあるので、脾の疲れで生産効率が下がっている血をぐっと底上げです。

 

ここで少し気になるのがウナギの食べ合わせ。

 

昔は「梅とウナギは食べ合わせが悪い」と言われていました。

 

ですが、今回はあえて梅とウナギを一緒に食べる献立にしてみました。

 

 

実はこの食べ合わせ、大丈夫なんです!

 

どうやら梅の消化促進効果のおかげで高価なウナギがどんどん食べられてしまうから、という贅沢を節制するための策だっただけなんです。

よくないといわれている食べ合わせは、結構こんなことがあって、栄養学的には何の問題もないものが多いんですよね。

 

むしろ梅でスッキリ、胃に負担なくウナギを楽しむことが出来ます!

 

白焼きなら、梅肉で食べてもおいしいですよね!

 

コロナで外出が減ると食べることしか楽しみがなくて危険ですが(笑)、

 

しっかり出せる食材を意識して食べるのを楽しんでいきたいものですね。

 

 

そして、今年は土用に丑の日が2回あります!

 

8月2日が土用の二の丑なので、また違ったうなぎの楽しみ方が出来たらいいなー!と思っています!

2020.07.27

食のこだわりのハードルは少しずつ上げてみましょう!

こんにちは!

国際薬膳学院 副学院長の寺薗真衣です。

緊急事態宣言が解除されましたね。

東京はまだまだ元の状態に戻っていくのには時間がかかりそうですが、

ここが踏ん張り時!頑張っていきましょう!

 

旦那さんが在宅勤務になったことと、

息子が少しずつ食べられるものも量も増えてきたことで、

この1か月はみっちり3食の食事の準備をすることになり、

あれこれ考えることがありました。

そんな、コロナ自粛で感じた食の気づきをシェアしたいと思います。

 

 

おうち時間が増えたことで、今まで作ったことのなかったものをじっくり作ってみた方、

一人で過ごすことが増えて簡単に食べられるものでさくっと食事を済ませることが増えたかた、

あなたの周りの食環境も色々だったと思います。

もしかしたら、その影響はもう体に表れ始めてるのではないかな?と思います。

 

 

例えば、おひとりさまで、カップラーメンを食べる機会が増えた人は、以前より疲れやすくなったり、

自粛解除になっても、会社に行く気がなくなってしまったり、

家族で一緒に手作りのご飯を作る機会が増えた人はもしかしたら笑顔が増えたりしているのかな?
作っているママはお疲れ様です!!!!

 

お菓子やケーキを作る機会が増えた方は、うわ!こんなに油入れるのか!とか、

うわ!こんなに砂糖が入ってるのか!

と衝撃の気づきもあったのではないでしょうか??(笑)

トマト缶に冷凍していた炒め玉ねぎを入れて煮立たせて、米粉のカレールーを少しだけいれた
ほぼトマトカレー。
パパには作り置きしていたちっさなハンバーグを入れときました(笑)

息子用に作っているジャガイモや人参の蒸し野菜を切って混ぜ込んだら5分で完成です(笑)
バジルはプランターで育ててるやつをトッピング!

お昼は特にスピード勝負(笑)

 

 

私もこの2か月弱の自宅待機生活を過ごして、

以前にもまして元気いっぱいの2歳児の息子の相手につかれてお菓子を食べる機会が増え(笑)

久しぶりに足首にアトピーが出ています(笑)

「身体って本当に食べたものでつくられているな」

とあらためて感じましたし、それと同時に、

「乱れて体調が悪くなっていくスピードはあっという間なのに、乱れたものを整えるのって時間かかる!」

とも感じています。

コロナ自粛のおかげでいろんなものを手作りして、丁寧に食と向き合えた方は、

身体も心も軽くなっていくのを感じているかもしれませんね。

解除になってもコロナが地球上からなくなったわけではないので、引き続き免疫力の高い体づくりは必要になってきます。

そこで!是非、明日から、昨日より一つだけこだわって食に向き合ってほしいな、と思っています。

とはいえ毎日3食食事作りってある程度スピードも必要ですよね。
(こないだ疲れて寝てしまった時に旦那さんがごそごそ晩御飯を作ってくれたんですが、2時間半かかって八宝菜だけ!(笑)
いや、とってもとってもありがたかったし美味しかったけど、でもね、ちょっと時間かかりすぎです(本人には言わんけど笑))

そうなってくると、手軽さを買うために、これ一本で!という調味料などのお世話になることもあると思います。

すべてにこだわって作れている人はいいのですが、

レトルトに頼っていた人に、いきなりすべて手作りでこだわっていきましょう!なんて言っても、ハードルが高すぎて絶対挫折しますよね。

なので、一個だけステップアップするのです。

 

たとえば、カップラーメン食べちゃうなーって人は、増えるワカメもいれとこう!とか

刻んだサラダ買ってた人は、レタスを手でちぎって、プチトマト乗せる!とか、

即席みそ汁買ってた人は、お味噌に鰹節かけてお湯注いでみる、とか、

自分ではじめて何か作ってみよう!というときはできるだけ余計なものが入ってなさそうな麺つゆ1本買ってこよう!とか

ドレッシング買ってた人は、おいしい塩と、おいしいお酢と、おいしいオリーブオイル買ってくる!とかね。

私が時間に追われて食事を準備する!というのを経験したのは母ががんで入院した時の、自分と父の食事作りだったんですが、

その時初めて買ったレシピ本は「電子レンジでできるレシピ」でした(笑)

そうやって食のこだわりのハードルを一歩一歩あげていった結果、

ドレッシングと麺つゆは当たり前に買っていましたが、今は家にありません。

買っている調味料(マヨネーズとか、ウスターソースとかね)も、内容をしっかりチェックして、これなら!と思えるものをチョイスしています。

(学院の2番目の講座でご紹介しているレシピは麺つゆなどもも使っていますが、こだわれる人はぜひ自分で作ってみてくださいね!)

食のこだわりのハードルは一歩ずつ!

まとめ:毎日の食事作りはほんとに大変!でもちょっとしたこだわりが少しづつ積み重なると身体は必ず変えられる!

 

是非あなたも心掛けてみてくださいね!

2020.05.27

目を休ませていますか?

こんにちは!

国際薬膳学院、副学院長の寺薗です。

突然ですが、あなたの目、ちゃんと休ませていますか?

春は「肝」の担当する季節、肝と繋がる目にトラブルが出やすくなります。

クコの実やブルーベリーなどの目に良い食材を駆使しながら、しっかりケアしていきましょうね!

・・・という定番のケアのアドバイスでは終わりません(笑)

コロナウィルスの影響で自宅での時間が増え、テレビや映画を見る機会が増えたことで、

今まで以上に目を酷使している方が多いのではないでしょうか。

ブルーライトカットなどの保護フィルムや、眼鏡もたくさん出ているので、そういった目のケアができるものを活用してみるのも一つですが、

目を開けている時にできるケアだけでなく、目を閉じている時のケアも是非意識していただきたいのです。

 

たとえば、目が疲れた時に目頭をぐっとつまんで押さえることがありますよね。

これ、実は「晴明(せいめい)」というツボを押さえていることになります。

知らず知らずのうちにやっているしぐさににも実は意味があったりするのです。

お風呂で温かく絞ったタオルを目の上にあててツボを刺激するととっても気持ちが良くてリラックスできますよ!

そして、もう一つ。寝るときの明かりをできれば真っ暗にしましょう。

電気を消したくない場合はアイマスクなどでも大丈夫です。

目は意外と光を感知しています。

明るいところで寝ると、あまり目が休まらないだけでなく、睡眠も浅くなります。

(私は朝絶対に寝坊できない時、わざと電気をこうこうとつけてベットに入っていました。暗くすると熟睡してしまって寝過ごすことが多かったからです。しっかり休まりませんが、目を休ませないのを逆手に取った方法です(笑)もちろん、あまりお勧めしませんよ~)

今日は目を酷使してしまったな~!というときは是非、目をしっかり休められるひと工夫を心がけてみてくださいね。

新緑が気持ちいい季節で、緑をたくさん見るのもおすすめですが、今はお勧めできないので・・・。

ツボ押しにプラスアルファ、

目のケア食材「明目(めいもく)」作用のある食材をプラスしておきましょう!
(人参、春菊、くこ、ブルーベリー、黒胡麻などなど)

 

菊とクコのお茶は定番ですが今の時期にはぴったり!

目をいたわりながらおうち時間を過ごしましょうね!

2020.04.26

春はタウリン!

こんにちは!

国際薬膳学院 副学院長の寺薗真衣です。

三寒四温の陰陽転化な気候に振り回され、

春一番?と思うような強い風「風気」が「風邪」になったやつに振り回され。

新型コロナウィルスの情報に振り回され…

春は本当にざわざわする季節ですね。

血虚な私はそれに加えて眠いです(笑)

春眠暁を覚えず、とはよく言ったもので、これも血虚からくるものじゃないかな、と思っています。

 

 

そんなここ最近食べたくなるのがイカやタコ。

タウリンが含まれる食材です。

タウリンは栄養ドリンクには割と入っている疲労回復効果の高いアミノ酸の一種。

肝臓の機能を正常に保つのを助けたり、

筋肉のケアにもいい!

まさに中医学の「肝」のケアにもってこいの食材ですね!

 

*蛸生姜レモンマリネサラダ 燻製オリーブオイルの風味

*ホタルイカとアスパラと蓮根の炒めもの

 

 

イカか蛸か、あなたはどちらがお好きですか??

効能から見ると、イカは平性で肝腎に帰経するのに対し、

蛸は寒性で脾と肝に帰経します。

女性の補いたいモノ目線で見ると圧倒的にイカの勝利!

タウリンの含有量もイカの方が多いです。

でもね、私はイカよりタコ派なんです(笑)

小さいころからデパ地下のお惣菜コーナーではきゅうりと蛸の酢の物をチョイスする子でした(笑)

タコは脾に行く分、補気や疲労回復のイメージが強め

今回は生姜でマリネして寒性とのバランスをとってみました。

(ちなみにイカは補血、アンチエイジング!というイメージ。)

血虚なので、いつもよりイカも多め(笑)

ホタルイカのボイルをみりんとホタルイカの魚醤で炒めました。

蓮根が補血色にほんのり色づいていいかんじですね!(笑)

春はあけぼの、ではなく春はタウリン(笑)

春のタウリン、是非イカと蛸をうまく使い分けてみてくださいね!

2020.03.10

桃の節句ご飯でデトックス

こんにちは!

国際薬膳学院 副学院長の寺薗真衣です。

3月3日は桃の節句でしたね。

我が家は女子は私一人。

息子は2歳4か月になりました。

私のための桃の節句ご飯は今年はコロナウィルスの影響もあって、しっかり「出せる」からだを作っていこう!!ということで

山菜たっぷりのメニューになりました。

 

*エビシュウマイと黒木耳しゅうまい
からしをどこかに使いたいな…!と思った結果、しゅうまいになりました(笑)
腎にアプローチするものをたっぷり詰め込んで!
キャベツもたっぷり敷いていただきました

*うるいと赤カブと金柑のサラダ
女子力の高い色(?)がどこかに入れたい!!
と思った結果、赤カブをチョイスしました。
塩もみして少しお酢と金柑を入れているのでかぶがとっても鮮やか!!
うるいがみずみずしい芽吹きを醸し出してくれてテンション上がりました。
みずみずしい緑ってすごく春を感じますね!

 

*焼きたけのこと山菜の炊き合わせ 梅肉添え
こんな時期ですので解毒力全開!で山菜を梅肉でいただきました。
筍は水煮しか手に入らなかったので、さっと白だしで湯がいてから、焼き目をつけています。

*はまぐりと菜の花のおすいもの
はまぐりは気の滞りを取り除いてくれる食材。
大きなものが手に入ったのではまぐりからのエキスが感じられるように昆布とお塩のお出汁で。
さっとゆでた菜の花を一緒に入れて春満開なおすいものにに仕上げました。

昨日は風がビュウビュウ吹いていました。
先月の講座の時も凄い強風で、
授業中も「春ですねー!」を連発していました(笑)

冬から春に移り変わる季節、
いろいろ心配なものも流行っていますが、
食べ物の力をかりながらしっかり「出せるからだ」づくりをして備えていきましょう!

2020.03.06

バレンタインで花粉症予防?!

こんにちは!

国際薬膳学院 副学院長の寺薗真衣です。

金曜日はバレンタインでしたね!

バレンタインといえばお菓子作りが苦手な私が、一年に一度一念発起する日です(笑)

(これからは子供のお誕生日、とか一念発起の回数が増えていきそうですが・・・(笑))

今年は授乳もなくて心置きなくお酒が飲める!ということで私も食べたかった酒粕トリュフに挑戦しました!

酒粕はお腹を温めて、さらに花粉症にもおすすめの食材!

カカオパウダーも免疫力を上げるのにおすすめです。

というわけで、ぼちぼち花粉症が顔をだしそうな旦那さんに愛をこめて(笑)

甘味はわずかにいれたメープルシロップだけ。

固さは豆乳で調整して、カカオパウダーを少し混ぜ込んだだけのガナッシュ的なものをカカオパウダーとイチゴパウダー(息子のおやつの残りかす(笑))とゆず粉でコロコロしただけです(笑)

今までで一番時間かかってない(笑)

そして途中で甘さ加減や硬さを味見しながら調整できる、という、感覚で料理してしまう私にとってありがたいメニュー(笑)

でもかんたんでおいしい、オトナなスイーツになりました。

お酒のお供にもなって、花粉対策にもなるなんて、これは罪悪感を感じるどころか、どんどん食べたくなってしまいますね(笑)

パクっと何か食べたいときに、自分のためにもまた作ろうと思います!

2020.02.16

五味と五色のカンケイ

こんにちは!

国際薬膳学院 副学院長の寺薗真衣です。

あっという間に立春を過ぎ、暦の上では春がきましたね!

さぁ、ことしこそ、ダイエット頑張ろう(毎年言うてます)!

薬膳と中医学の基礎を学ぶと、

それぞれの季節や五臓に対応した味(五味)と色(五色)を学びます。

例えば春は緑と酸味、梅雨は黄色と甘味、みたいな感じですね。

初めはシンプルにそれぞれ対応する五臓が喜ぶ味!とインプットしていたのですが、

学びを進めていくうちに、味そのものにも効能があることがわかります。

例えば春に養生する肝。

肝は木のようにのびのびが好きですよね。

のびのび成長した青々とした緑の葉物野菜がリンクするのはすぐ想像がつきます。
実際緑の濃い葉物野菜は血の巡りを良くしてくれる食材が多く存在します。

 

(春に食べるアブラナ科の食材はどれもほんのり苦くて解毒効果もありますね)

それに対し、酸味の薬効はきゅっと引き締める効果があります。

のびのびと引き締め。

正反対の効能ですよね。

肝はのびのびは好きなのに、ひきしめてしまったらあかんのちゃうかな??

って思いません??

私もはじめは、あれ??となりました。

しかし、この酸味がいい仕事をするんです。

肝はのびのびすきなようにしてしまう若者です。

なので、ほおっておくとどこまでものびのび。余計なこともします(笑)

それを酸味でコントロールするというわけです。

アクセルとブレーキの関係ですね。

臓器のアクセル担当の色と、ブレーキ担当の味。うまいことできてます。

ちょうど五味と五色はアクセルとブレーキ的な役割があるな!と分かった時には

またまた中医学の奥深さと面白さを感じました。

初級では五臓と五味五色をつなげ合わせるのでいっぱいいっぱいですが、

中級講座からは一つ一つの知識を肉付けして、理解に変えていきます。

その作業がまた、たまらなく面白いんですよね。

東京校の中級、食学講座は残すところあと1回!

いろんな角度から中医学を堪能していただきます!

最後まで走り抜けましょう!!

2020.02.10

ベトナム美人に学ぶ! ベトナムでは多量の生の野菜をこうして食べる!

 

皆様こんばんは。

学院長の赤堀真澄です。

年末ベトナムの中部

ホイアンへデトックス薬膳の勉強に行きました。

サラサラのストレートロングヘア

白い肌

ウエストはすごく細いのに

バストはぼんっ!の

メリハリボディ

アオザイが似合うベトナム美人を作る

ベトナム料理の食の秘密パート2は

「ベトナム料理 排毒薬膳の秘密は野菜の食べ方」です!

唐辛子の辛さは段階があり

マイルド、辛い、スーパースーパー辛い!

それぞれを好みで取り混ぜて

タレや汁物のスープに入れます。

麺類に添える野菜や

ライスペーパーで包む野菜

サラダにする野菜

バナナの花のスライスは

 

こんなシャキシャキ色とりどりのサラダに変身!

きのこなどの菌類

豆腐も堅さ別で種類が豊富!

ベトナムで一番食べられていた

薬膳食材は断トツ、ハスの実ですね!

蓮の実の芯

蓮子芯(れんししん)のお茶を買ってきました。

授業で皆様に味見していただきましょう~!

すごく苦いので心に帰経します。

特に心火をおろす食材ですよ。

現地ではフルーツもたくさん食べました!

マンゴスチン、ポメロ

パパイヤ、ランブータン、ドリアン

これがロンガン(竜眼肉)

ドリアンは強烈に

く、くちゃい・・・

「お米の国 ベトナム」を象徴する

ライスペーパーは、さすがに種類の豊富なこと!

保存がきいて、水を軽くつけるだけで食べられる「お米」

ライスペーパーはとても便利な

いつでも食べられるお米として

「巻いて食べる」食文化のあるベトナム料理には必須の食材!

黒ゴマ入りのライスペーパー

唐辛子入り

厚みやしなやかさも

本当にバリエーション豊富!

揚げたり蒸したり茹でたり炭火で焼いた

肉や魚を食べる時に

バラバラした野菜を一緒に食べたいから

ライスペーパーが登場します。

あれこれと「手巻き」して

一緒に食べる。

ライスペーパーはベトナム女性の

スレンダーボディに欠かせない

生の野菜を多量に食べるための

便利食材なのです!

 

 

 

2020.01.09