今までにない薬膳教育「日本人のための薬膳」/ 国際薬膳学院・大阪 / 東京

日本酒発祥の地 古都奈良での薬膳唎酒師としてのインプット

皆様こんにちは。

学院長の赤堀真澄です。

 

 

シルバーウイークいかがお過ごしでしょうか?

 

 

私は国際映画祭に湧く地元奈良にて、

久しぶりに薬膳唎酒師としての心くすぐるお店に日本酒の勉強に行ってきました!

 

 

訪ねたのはこちら

ルアン(LE UN ) 奈良 ならまち

 

 

酒蔵の元キッチンで使っていた場所をリノベーションしたレストランで

日本酒発祥の地・古都奈良の元酒蔵だからこそのコンセプトは「SAKE」!

 

こちらの酒造は奈良では「豊祝」で有名な豊澤酒造の酒蔵の

元キッチンとして使っていた土間を改造して作ったレストランを併設した宿泊施設で

ホテルチェーンであるNIPPONIA HOTELが営業しているとのことでした。

 

8部屋宿泊できる施設があるとのことで、

呑んで泊まれるなら、酒好きにはこんな幸せなことはないですね。

 

まずはお昼になって気温が上がってきた奈良でしたので

貴仙寿 スパークリングでスタート!

ちなみに、私薬膳の先生ですが、唎酒師でもあります。

体を壊さない健康的な飲み方指南、薬膳おつまみの開発なども実はやっているんですよ~!

 

 

 

 

さて、こちらは豊澤酒造さんから直送される絞りたての日本酒や

非売品の希少な地酒が味わえるとのこと。

 

さらにそのお酒からフレンチのシェフが発想した

地元奈良の食材を活かした奈良スタイルのフレンチが愉しめるのが面白い!

 

普通フレンチはお料理があって、ソムリエがワインを選ぶという形ですが

日本酒ありきでお料理が決まるというところが

唎酒師にとってはたまらない発想ですね!

 

日本酒のおちょこに入ったモダンな前菜

 

かつおのたたきとビーツとポテトのサラダ

 

ビーツをじゃがいもときゅうりでポテトサラダのように仕上げて

チアシードのドレッシングとともにいただきます。

可愛いピンクの一皿は「補血」がメインの効能ですね。

 

ここらで非売品の五種呑み比べセットに移ります!

 

右から

 

純米吟醸 豊祝 雄町 生原酒

純米吟醸原酒 豊祝 露葉風 四年古酒

純米吟醸 貴仙寿 五百万石 赤ラベル

純米吟醸 豊祝 山田錦 無濾過 おりがらみ

純米原酒 豊祝 氷温熟成

 

 

蛇の目の唎猪口(ききちょこ)ででてきました~。

もう少し大きなおちょこでもよかったな( ´艸`)

 

白いおちょこに青のグルグル模様がついたもの

日本酒の唎酒をさせてくれるお店などでよく目にすると思いますが

これを蛇の目の唎猪口といいます。

 

唎酒用に開発されたおちょこで

主に杜氏や蔵人のきき酒のために使われるようになった酒器です。

 

 

白い部分で酒の色を見て

青い部分で酒の濁りや細かな酒の浮遊物を見るんですよ。

 

 

レストランにこのおちょこを使うというのは

コンセプトの「SAKE」というイメージを前面に押し出すのに

とても分かりやすくていいですね!

 

 

右から左に向かって味が「すきっとキレがある」→「だんだん濃く深く濃淳になっていく」

という配置になっておりましたよ~

 

魚料理、肉料理、この後続くお料理にどれが一番合うか

じっくり唎酒したいと思います!

 

かぼちゃのスープ 生姜のカプチーノ(泡)

乾燥の季節に備えた秋らしい一品です。

 

これには真ん中の純米吟醸 貴仙寿 五百万石 赤ラベルが一番合う!

このお酒、お料理がなくて飲む場合、この5種類の中で一番美味しいと思いました!

味が淡泊で主張のないおつまみや野菜で作った前菜に合わせるといいと思います。

 

写真の角度で野菜料理のように見えますが、鯛のポワレです。

 

ほうば味噌という料理がありますが

それを奈良ならではに仕立ててあるのがこの一品。

 

ほおば代わりの柿の葉と吉野の味噌を使ったソースを添えてありました。

 

ソースには吉野の味噌だけでなく酒かすが使われているとのことで

この組み合わせはフレンチと和のコラボが利いていますね。

 

これには一番右の純米吟醸 豊祝 雄町 生原酒がぴったり♥

魚料理をこっくりとみそ仕立てにしてありましたが

そのウォッシュ効果が素晴らしいので、また次、また次と

次の一口が幸せなまま進んでしまいます( ´艸`)

 

メインはフランス鴨と奈良の地元野菜のグリル カルダモンスパイスとともに

 

鴨には甘味が合うとのことで

にんじんピュレ

イチジクのキャラメリゼなど

付け合わせに自然の甘味とのコラボを楽しんでください、とのことでした。

 

鴨は薬膳では「補陰」体液を増やして体にうるおいを与える食材。

添え野菜も皮膜粘膜保護によい色の濃いものが多く

体表を潤しバリアを張り、乾燥から体を守ってくれる効果のあるメイン料理です。

 

鴨×自然の甘味もいいけど、インパクト大だったのはカルダモンスパイスと鴨の相性!

スパイスがあることで

食べている間、鴨の味が変化するのも最高な演出でした。

 

 

こちらは左から二番目 純米吟醸 豊祝 山田錦 無濾過おりがらみがおすすめ!

 

無濾過ですからやや色がついて多様な香気成分が残ったお酒。

ちょっと濁って濃いめの味わい、コクのあるお料理にはすっきりキレがあるよりも

お米の雑味がある方がお料理のパンチと濃度がマッチしてよく合います。

 

 

 

デザートはローズマリー入りのビスキュイのモンブラン

酒かすアイス添え コーヒーソースとともに

 

ここまで来たとしても!

お酒を少し残しておくのがポイントなんです!!

 

 

お酒ってデザートに合わせてもすごくいいんです。

モンブランのようなクリーミーなものにもお酒ってすごく良く合うのですよ。

 

これには一番左の純米原酒 豊祝 氷温熟成

お酒を凍らせて旨味の凝縮した部分だけをまた溶かして飲むという

生産量がとても少ないためその分市場に流通せず

なかなかお口に入らないという希少価値の高いお酒になります。

 

凝縮した旨味→クリーム系に寄り添う

一番左の最も味の濃いお酒残しておいてよかった~

 

最後の飲み物はコーヒーかほうじ茶から選べます。

奈良っぽいですね!

 

 

日本酒からフレンチのペアリングを考える奈良の食材をふんだんに使ったお店

LE UNさんはこちらからどうぞ

お食事

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

国際薬膳学院

秋の通学講座 受講生募集開始しました!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

初級「一番わかりやすい!中医学基礎理論と薬膳入門」11月14日(土)スタート3か月間

【11月開講】初級 一番わかりやすい!中医学基礎理論と薬膳入門

中級「二番目にわかりやすい!薬膳本科」10月15日(木)スタート5か月間

【2020年10月開講】中級  二番目にわかりやすい!薬膳本科

三番目で制覇!薬膳専科 11月21日(土)スタート5か月間

【2020年11月開講】 上級 三番目で制覇!和学薬膳®専科

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

いつでもスタートできる!

通学と同じ資格を取得できる

DVD講座一覧

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

初級~上級まで、通学と同じカリキュラムで同じ資格が取得できます。

通信薬膳講座

 

初めての方もお試しに薬膳単発講座はいかがですか?

DVDで学ぶ調理動画、レシピカード付き単発講座一覧

https://yakuzen-table.stores.jp/

 

2020.09.22

梅仕事で感じる「塩梅」

こんにちは!

国際薬膳学院 副学院長の寺薗真衣です。

梅雨が明けないなー…なんて思ってたら、明けたとたん一気に猛暑!

今年の梅雨は(関東は)気温も低く割と過ごしやすい日が多かったので、急に来た暑さがこたえます。

そんな時に我が家でなくてはならないのが梅干し。

今年の夏も梅にはお世話になりそうです!

皆さんもどうぞご自愛くださいね!

 

結婚してから息子が1歳の年以外は毎年つけている梅、

今年は3キロ弱つけました。

今年こそ干す用のざる買おう!と思いつつ結局このスタイル(笑)

去年の梅酢につけただけの白梅干し

塩を2種類違うものを使ってつけた紫蘇梅干し

の3種類の梅干しです。

 

梅干しづくり歴も7年?8年?になりましたが、ここへきてようやくコツがつかめてきた感覚が(笑)

今までは紫蘇を入れる心のゆとりもなく、ほぼ白梅干しでやってきたんですが、

(一回だけちょっとだけ入れたことはあるんですけど、ほんのちょっとだったので)

本格的に紫蘇梅を作るのは初めて(笑)

赤紫蘇は青紫蘇よりも薬効が高いし、

今年はコロナで何かと免疫力をつけておきたいこともあって、紫蘇の力を借りよう!

と思っていたらちょうどいい赤紫蘇が手に入ったこともあって、入れてみたのです。

梅干しと一緒につけておくものを一部よけてあとは全部パリパリに乾燥させました。

アルミホイルを敷いて干したらめっちゃ早く乾燥してましたよ!

ミルでがーッと粉砕して

ゆかりの完成!

何やこのおいしさは!!

なぜ今まで作らなかったのか!!

来年はもっと作らねば!

というくらい、超絶おいしかったです(自分で言う、笑)

 

ちなみに異なる塩2種類(海の精と天塩)で味を比べると、

海の精は角がなくまろやかな味わい、

天塩はちょっとしっかり塩を感じるご飯が進む味わいに仕上がっていました。

 

同じ塩分濃度でつくってるのに、塩の種類が違うとこうも違うのか!

とこれまた感動しました。

塩の違いについては薬膳本科の食学コースでもお伝えしていますが、塩を変えて同じものを作って、加工した状態で食べ比べる機会ってなかなかないので、改めて塩の奥深さも実感です。

 

そんな時にしみじみ感じたのが「塩梅(あんばい)」という言葉。

塩梅とは、塩と梅酢の配合加減で味を変えて工夫をしていたことから、

料理の味加減やバランスを指す言葉となり、

物事の具合や調子から体の具合や健康状態まで様々な「具合」を表す言葉としても使われるようになった言葉です。

中国の宋の時代の書にも

「塩多ければ塩からい、梅多ければ酸っぱい、両者半ばすれば塩梅なり」という一節があって、

ここから味付けの良さを表す言葉となった、また梅干しを漬ける時の塩加減をさすようになったとも言われています。

初めての梅干しは、梅農家さんが入れてくれた作り方をそのまま忠実に作っておいしくできて、

もともとレシピをあまり見ない私は2年目から梅干しなんて、梅と塩を適当にまぜてつけとけば出来るでしょ、

ってナメはじめ・・・(笑)

そしたら塩分濃度高すぎてカチカチになったり、塩がなかなかなじまずかびたり、塩いっぱいあるのになぜカビる!?

なんていう失敗を何年か繰り返しました。

梅干しって一年に1回しか作れないので、感覚がなかなか育たず、

出産やなんやでバタバタしてたりもして。

今年は何年か漬け続けてわかってきた感覚と、

コロナで家からあまり出ない、という梅の面倒をじっくりゆったり見るのには良い環境が重なって、

今までで一番おいしくできた気がします(笑)

いつもなら塩の角がとれてくる半年くらい置いてから解禁する梅干しですが、すでにおいしい(笑)

何事もやってみないと感覚がつかめないし、できるようになってから自分好みに調整するのにまたひと頑張りが必要!

でもそこまで来てわかってくると、あとはいい感じにできます。

(薬膳の勉強も一緒ですね!やってみて、自分の得意な部分とか熱く語れるものにウェイトを持ってきたりしてアレンジしていくっていう感じ)

なにごとも「あんばい」だな!

と思った今年の梅仕事でした。

2020.08.07

梅雨時期の揚げ物の食べ方

【梅雨時期の揚げ物の食べ方】
次女が夕食に「メンチカツが食べたい!」とリクエストしてきました。
梅雨時期の揚げ物かあ…
雨の季節は湿気で胃腸が弱るから、食べ方にひと工夫します。
メンチカツには千切りして塩を振り、
水気を切ったキャベツをたっぷり混ぜて「キャベツメンチカツ」に。
揚げ物の消化促進に、おろしポン酢で食べるとなお良し👍
ごはんはとうもろこしを炊き込みます🌽
芯まで入れると湿気排出効果アップで、胃腸を湿気から守ります!
お味噌汁にはあおさを。
海藻類を使うと、揚げ物が体に及ぼす影響をプラマイゼロにしてくれますよ。
薬膳って
「絶対これ食べたらダメ」というものはない代わりに
「これだけ食べたら健康になる」もない。
☑︎食べる人の身体の状態
☑︎その不具合を解決する食材を選び出す知識
☑︎それらの食材をどんな風に食べさせたらいいのか?
これを実践するのが『薬膳』なんで〜〜す!!!

 

 

2020.07.12

食のこだわりのハードルは少しずつ上げてみましょう!

こんにちは!

国際薬膳学院 副学院長の寺薗真衣です。

緊急事態宣言が解除されましたね。

東京はまだまだ元の状態に戻っていくのには時間がかかりそうですが、

ここが踏ん張り時!頑張っていきましょう!

 

旦那さんが在宅勤務になったことと、

息子が少しずつ食べられるものも量も増えてきたことで、

この1か月はみっちり3食の食事の準備をすることになり、

あれこれ考えることがありました。

そんな、コロナ自粛で感じた食の気づきをシェアしたいと思います。

 

 

おうち時間が増えたことで、今まで作ったことのなかったものをじっくり作ってみた方、

一人で過ごすことが増えて簡単に食べられるものでさくっと食事を済ませることが増えたかた、

あなたの周りの食環境も色々だったと思います。

もしかしたら、その影響はもう体に表れ始めてるのではないかな?と思います。

 

 

例えば、おひとりさまで、カップラーメンを食べる機会が増えた人は、以前より疲れやすくなったり、

自粛解除になっても、会社に行く気がなくなってしまったり、

家族で一緒に手作りのご飯を作る機会が増えた人はもしかしたら笑顔が増えたりしているのかな?
作っているママはお疲れ様です!!!!

 

お菓子やケーキを作る機会が増えた方は、うわ!こんなに油入れるのか!とか、

うわ!こんなに砂糖が入ってるのか!

と衝撃の気づきもあったのではないでしょうか??(笑)

トマト缶に冷凍していた炒め玉ねぎを入れて煮立たせて、米粉のカレールーを少しだけいれた
ほぼトマトカレー。
パパには作り置きしていたちっさなハンバーグを入れときました(笑)

息子用に作っているジャガイモや人参の蒸し野菜を切って混ぜ込んだら5分で完成です(笑)
バジルはプランターで育ててるやつをトッピング!

お昼は特にスピード勝負(笑)

 

 

私もこの2か月弱の自宅待機生活を過ごして、

以前にもまして元気いっぱいの2歳児の息子の相手につかれてお菓子を食べる機会が増え(笑)

久しぶりに足首にアトピーが出ています(笑)

「身体って本当に食べたものでつくられているな」

とあらためて感じましたし、それと同時に、

「乱れて体調が悪くなっていくスピードはあっという間なのに、乱れたものを整えるのって時間かかる!」

とも感じています。

コロナ自粛のおかげでいろんなものを手作りして、丁寧に食と向き合えた方は、

身体も心も軽くなっていくのを感じているかもしれませんね。

解除になってもコロナが地球上からなくなったわけではないので、引き続き免疫力の高い体づくりは必要になってきます。

そこで!是非、明日から、昨日より一つだけこだわって食に向き合ってほしいな、と思っています。

とはいえ毎日3食食事作りってある程度スピードも必要ですよね。
(こないだ疲れて寝てしまった時に旦那さんがごそごそ晩御飯を作ってくれたんですが、2時間半かかって八宝菜だけ!(笑)
いや、とってもとってもありがたかったし美味しかったけど、でもね、ちょっと時間かかりすぎです(本人には言わんけど笑))

そうなってくると、手軽さを買うために、これ一本で!という調味料などのお世話になることもあると思います。

すべてにこだわって作れている人はいいのですが、

レトルトに頼っていた人に、いきなりすべて手作りでこだわっていきましょう!なんて言っても、ハードルが高すぎて絶対挫折しますよね。

なので、一個だけステップアップするのです。

 

たとえば、カップラーメン食べちゃうなーって人は、増えるワカメもいれとこう!とか

刻んだサラダ買ってた人は、レタスを手でちぎって、プチトマト乗せる!とか、

即席みそ汁買ってた人は、お味噌に鰹節かけてお湯注いでみる、とか、

自分ではじめて何か作ってみよう!というときはできるだけ余計なものが入ってなさそうな麺つゆ1本買ってこよう!とか

ドレッシング買ってた人は、おいしい塩と、おいしいお酢と、おいしいオリーブオイル買ってくる!とかね。

私が時間に追われて食事を準備する!というのを経験したのは母ががんで入院した時の、自分と父の食事作りだったんですが、

その時初めて買ったレシピ本は「電子レンジでできるレシピ」でした(笑)

そうやって食のこだわりのハードルを一歩一歩あげていった結果、

ドレッシングと麺つゆは当たり前に買っていましたが、今は家にありません。

買っている調味料(マヨネーズとか、ウスターソースとかね)も、内容をしっかりチェックして、これなら!と思えるものをチョイスしています。

(学院の2番目の講座でご紹介しているレシピは麺つゆなどもも使っていますが、こだわれる人はぜひ自分で作ってみてくださいね!)

食のこだわりのハードルは一歩ずつ!

まとめ:毎日の食事作りはほんとに大変!でもちょっとしたこだわりが少しづつ積み重なると身体は必ず変えられる!

 

是非あなたも心掛けてみてくださいね!

2020.05.27

今ある食材でベストを尽くす!

こんにちは!

国際薬膳学院 副学院長の寺薗真衣です。

新型コロナウィルスの影響で自宅時間が増えて、

本当ならこだわり食材が売っているお気に入りのスーパーに行きたいけれど、近所の普通のスーパーで我慢して、

お買い物に行く頻度も極力減らしています。

さらに旦那の在宅勤務でご飯を作る時間は増え、

エネルギーが有り余る二歳児の相手であっという間に一日が過ぎていきます。。。

さて、今日は薬膳に携わっていると必ず考える、食材へのこだわりについてお話ししたいと思います。

講義をしていると、食材はどこで購入していますか?と聞かれることが多いです。

食材を買う場所は(最近は近所のスーパーか友人に送ってもらうしか選択肢がないですが、)

近所のスーパーの時もあれば、大手百貨店の生鮮食品の時もありますし、

道の駅や直売所で買うこともあれば、

野菜をつくる友人に分けてもらうこともあります。

基本的に食料品のお店に行くだけでテンションが上がるので、

厳選された食材やこだわりのあるお店を見かけると必ず立ち寄ってしまい、ついつい買いすぎることもありますが、

絶対にここ!と決めていないのが正直なところです。

手に入れた食材でベストを尽くす!ということだけを決めて、日々の食事を作っています。

食材の持つ気や力は、その食材が育った環境に影響していると思っています。

やはり手間ひまかけて育てられた食材は、力強く、美味しく感じます。

けれど、いつも手に入るわけではないので、「ベストを尽くす!」と決めているのです。

皆さんは食材を選ぶとき、何を決め手にしますか?

価格、産地、栽培方法などなど、ポイントとなるものが様々です。

「菌床の椎茸と原木の椎茸だったらやっぱり原木じゃないとだめですか?」

「オーガニックのほうがいいですよね?」

オーガニックの食材を扱うお店はまだまだ少ないとおもいますし、原木のきのこはなかなかうっていません。

それでも、もしきのこが必要な体調や体質なのであれば、菌床も原木も関係なくきっとあなたを改善する力を持っているはずです。

手に入れられるものを最大限に活かす、ということが大切です。

もし、みなさんがものすごく高価な高級和牛を手に入れたらどうしますか?

きっと、素材をおいしく活かすためにどう調理するか、考えますよね。

すきやきにするか、しゃぶしゃぶにするか、さっと焼くか、

焼く時はフライパンなのか、バーナーなのか、炭火なのか・・・

などなどありとあらゆるおいしくなるツールを駆使しようとします。

薬膳もおなじです。

今ある食材で、どのように調理してどの薬効を効かせて行きたいのか

そのためにはどんな食材を選ぶのか。

そして様々な調理法から一番効果がある調理法で、美味しく調理すれば、きっと素晴らしい薬膳になります!

今は苦しい時ですが、手に入る食材を最大限に生かして、乗り切っていきましょうね!

2020.04.20

野菜がいつでもどんな時でも食べられるように ポタージュ薬膳のすすめ

皆様こんばんは。

学院長の赤堀真澄です。

 

ニュースを見ていますと、普段の食料品の買い出しも一苦労の状況ですね。

 

保存期間の長い缶詰やインスタント食品などもこんな状況では便利ですが

やはりどんな時でもできる限り体に良いものを取り入れたいと考えます。

 

それでも生鮮食品をいつでも買いに行けるということがたとえできなくなった時でも

この方法なら野菜をいつでもしっかり食べられる!と安心なのが

いろんな場所でよくお話しています「ポタージュ薬膳」。

残り野菜がでたらその都度細かく切って鍋に入れ

ひたひたの水でゆっくり煮るだけ。

その時あるものでいいんです。

昆布やローリエなどを入れると風味がぐっと増します。

今回はキャベツ、ジャガイモ、玉ねぎのポタージュです。

 

これをミキサーにかけてポタージュの素を作り

保存袋に入れて冷凍しておきます。

これはかぼちゃとサツマイモと白ネギのポタージュの素。

鍋に入れたら火にかけて豆乳でのばしてお好みの味付けで(コンソメ・塩コショウなど)どうぞ。

こうしておけばいつでも野菜を食べられる!

また「煮込む=煎じる」「その汁を余すところなく取り入れる」という調理法は

漢方薬を煮だして飲むことをそのまま食事でやっているということ。

 

長期保存できない野菜も煮溶かして冷凍しておけるポタージュの素を、野菜をたっぷりとることで免疫力を高めたいこの時期だからこそ

ぜひともおすすめしたいと思います。

 

 

 

2020.03.26

休講から3週間余り、できた時間にやったこと①~④

皆様こんにちは。
学院長の赤堀真澄です。

コロナウィルスの影響で休講、

延期になり早くも3週間余りが経ちました。

その間は休講講座をご受講の皆様にメールで連絡を取ったり、

テスト対策動画を撮影して配信したり、

その動画に関してのご質問に

お一人お一人へお答えしたりして過ごしていました。

時差通勤で勤務時間も勤務日も減り、

思いがけずたくさんの自宅時間ができたので、

こんなことをしてその時間を使っていました。

①軽トラ山積み1台分の断捨離

 

娘はもう上が大学生、下が春から高3になります。

小中学生の頃使っていた学習机やその他雑多なものが未だに捨てられず残っていました。

その頃の教科書、作った工作、

諸々の中から受賞作品と2人分のランドセルだけ残し、業者を手配し全部断捨離しました。

 

開いた部屋は押し入れの襖を取り払い、

日用品と食品庫、本を全て一括管理できる納戸兼在庫管理部屋にして、

家の空間も頭の中もスッキリ。

 

 

②本を数十冊読みました

 

ここ何年か読まなくてはいけない本がたくさんあるのに、なかなかじっくり座って読む心の余裕がなく

手付かずで置いていた50冊近くを片っ端から読破しました。

目が滑ってなかなか読めなくなっていた本の内容は、次々と頭に入ってきました。

もう本が読めなくなった、と感じていたのは

ただいろんな余裕がなかったからだったんだな、と一安心。

ここ何年もずっと、アウトプットばかりしていたので、脳みその空いたスペースにたくさんの知識がぐんぐん入ってきました。

 

 


③「チャングムの誓い」を観ました

 

かつて2000年代に中医師試験の勉強に励んでいた頃、試験勉強の合間によく観ていた韓国ドラマです。

全部で53話もある超長編ドラマですが、

宮中の薬膳料理から生薬やツボを学び医女へと登り詰めていく話は、

いろんな意味で学びが多く、受験生だった私に

とってもよいモチベーションキープになったことを思い出します。

これこそ時間がないと絶対見れない!と思い立ち、Amazonプライムで視聴。

 

コマーシャルもなく、次々流れてくるためキリがなく、どこでストップするかというのが至難の技ですが笑

またあの頃とは違う新鮮さで見ることができました。

 

この仕事を始めるまえのこの仕事に対する初心にまた返ることができました。

 

 

④野菜をよく食べ、よく寝ました

 

チャングムを観ていると韓国料理はつくづく一つ一つの食材を丁寧に下ごしらえした後に、

それら全てを合わせて一皿に仕上げていく工程が多いな、と。

手間隙を厭わず、その食材が持つ特性を活かして調理するのが、食材への敬意に溢れていてそれが一番体にもいい食べ方になると。

日本人の8倍野菜を食べるという韓国人ですが、

東洋人一代謝が高い太りにくい民族ですし、

肌も綺麗なことを思うと真似したいポイントはたくさんありますね。

 

ということで早速これを作りましたよ。

 

時間がないとどうしても切ったものを

全部まとめて炒める!的な調理が増えますが

日本のお煮しめのように素材一つ一つを別々に下ごしらえしてから

合わせて作る料理はまた別の魅力があります。

 


さて、今週の政府の動向を見て、

対策をしっかりとした上でいよいよ講座の再開に向けて動きます。

事務局よりメールで授業再開に対してのご案内を近々お送り致します。

お手数ですがどうぞメールの開封確認をよろしくお願い申し上げます。

近いうちに皆様とまた国際薬膳学院でお会いできることを楽しみにしております。

 

引き続き皆様どうぞお気をつけてお過ごしください。

 

 

学院長 赤堀真澄

2020.03.17

久しぶりのゆっくりな薬膳朝ごはん

おはようございます😃学院長の赤堀真澄です。
久しぶりのお休み!の朝ごはんはこんな感じ!



★丹波黒枝豆(生徒様から頂きました。めちゃ美味しい~ありがとうございます😊)
★キノコのゴマ汁
★満願寺とうがらしとジャコと舞茸の炒め煮
★西利のみょうが大根
★土鍋で炊くごはん


旬の黒枝豆は、甘みとホクホク感がさすが!



ゴマ汁はお味噌汁に白練りゴマとすりゴマを入れるおつゆです。

 

こうすると、なかなか量がとりにくいごまをたっぷり使えるのでおススメです。
今日はキノコだけど、絹豆腐を崩して入れても🆗‼️


最近土鍋で炊くごはんにハマって、

ごはんの友のような常備菜を作るのが楽しみに。

シシトウとちりめんじゃこの炒め煮のアレンジで

万願寺とうがらしとちりめんじゃこにマイタケも入れてみました。

お弁当にもピッタリ~( *´艸`)

昨日は京都駅経由で名古屋に出張へ行ったので

西利のお漬物屋さんにフラフラ~~と引き寄せられ(笑)

土鍋白ごはんのお供に選んだのは

今シーズン最後という

「みょうがだいこん」

みょうがと紫蘇の風味がたまりません!

夏よ、さようなら~~!涙

 

 

 

2019.10.22

京都で香りの世界に触れてきました!

皆様こんにちは。

学院長の赤堀真澄です。

先日京都で香木やさんを訪ね、

香りの世界に触れてきました。

ほとんど全て漢方薬だ~!

甘い香り、辛い香り、

スキッとした香りなど

香りを体験するだけでなく

香木の奥深さや原料について

社員さんから詳しいご説明をいただきました。

香木も希少価値の高いものはやはり採れにくいもの。

生薬もある種類はだんだんと採れなくなっているのと同じだなぁと

自然の貴重な資源に、しみじみ思いを馳せて・・・

白檀を基調とした

ベースの配合を教えていただいたら

後は自分の好みの香りを足して

オリジナルな調合をしました。

西陣の小袋の色を選んでその中に詰め

世界でたった一つだけのオリジナルなにおい袋ができました!

私は幼いころからメンソレータムが好きで(笑)

スキッとした香りがいいなぁと

龍脳をたくさん入れてみました。

肉桂や大ウイキョウを入れると甘い香りになります。

今におい袋が置いてある周りに行くと

神社の中に入れていただいた時のような

ホッとするような

落ち着く香りが漂っていますよ。

小さな和紙に包んで文香も2つ作れました。

一つは名刺入れに。

もう一つは

文箱に入れています。

いい季節になりました。

 

皆様も京都で香道の世界に触れ

サラサラと気を流してみてはいかが?

京都 山田松香木店 体験2,000円

https://www.yamadamatsu.co.jp/exp/

************

2019年秋の資格取得講座

現在募集中!

************

初級資格講座

「一番わかりやすい!中医学基礎理論と薬膳入門」

10月19日(土)から大阪本校でスタートです。

担当講師:学院長 赤堀真澄

初めて中医学に触れる皆様に

この世界の奥深さ、

しみじみわかる面白さ

やめられない楽しさ!

をとことん感じていただけるよう

授業でお話させていただきます!

中医学と薬膳を学んでよかった

心の底からそう思います。

開講決定しています。

皆様もぜひご受講にお越しくださいね!

 

 

 

 

 

2019.09.25

見た目も涼し気、効果も抜群!冬瓜のススメ

国際薬膳学院 副学院長の寺薗真衣です。
一気にあつい~~~~!!!!!!!!
ですね。
暑がりの私がついに拷問を受ける季節がやってきました。
今年はさらに、お外で遊びたい盛りの息子がおります。暑かろうが雨が降ろうが、お外に行こうと誘われます。。
前途多難であります(笑)

さて、あつーーいので、瓜類を解禁いたしました!

冬瓜のみょうが葛あんかけ。
さめた状態で食べたかったので、お出汁にはすりおろした生姜を入れて、さっぱりとさせつつ、冷やしすぎ防止です。
葛あんかけにして体のドロドロも排出。
みょうがをたっぷり乗せてこれも冷やしすぎ防止。みょうがはできものを散らす力も持っているので、口内炎もちの旦那さんの必須アイテムでもあります(笑)
冬瓜はこの半透明な感じが涼し気に見えて大好きな夏の食材です。
たくさん作ったので次の日は赤だしに入れてリメイクしようと思います!
冬瓜の赤だし、めっちゃおいしいんですよ!
冬瓜、買うと結構大きくて、一気に消費できずにドロドロになっていくよ~~という方は、
1.5センチ厚さに大胆に切って、格子状に隠し包丁を入れて、両面に軽く塩をして焼いてみてください!
いい感じに焼き目がついたらお好みのソースをかければ冬瓜ステーキになります!
食べ応えも抜群で、暑気あたり改善の薬効を簡単に、たっぷり食べることができます。
皆さんも是非お試しくださいね!

2019.07.31

ケールを薬膳的に!

こんにちは!
国際薬膳学院 副学院長の寺薗真衣です。
皆さん、ケールって召し上がったことありますか??
私の中でケールといえば、苦い青汁に入っているイメージが強く、
「大麦若葉にケールにゴーヤ!これがなんとこの中に!!」
みたいな実演販売CMのおっちゃんの声が聞こえてくるのです(笑)
そんなこんなでずっと敬遠していた野菜だったのですが、
最近おしゃれなデリや、おしゃれなカフェのサラダなんかに入ってたりして、
あれ、ケールって思ってたより苦くないかも!
と思ったわけです。
そこで売っていたケールをはじめて買いました。
生で食べても、全然苦くない!!
というか、程よい苦味で、そんなに食べにくくない!
しかも、葉がフリフリして、何ともおしゃれ♡
早速モリモリ食べよう!とシーザーサラダにしてみました。
ああ!このふりふりが何もしなくてもおしゃれ!
おしゃれな野菜に目がないのです(笑)
普段はあまりチーズを使わないのですが、せっかくなので(発酵食品というつもりで)パルメザンチーズと、
バルサミコ酢にオリーブオイルをかけて、
やっぱりこの時期ははとむぎ!ということではとむぎポンをたっぷりと!
はとむぎポン、いい仕事します!

ケールはアブラナ科の葉物野菜で緑の色も濃いです。

ということは間違いなく「肝」にアプローチできる野菜です。

 

目にいいβカロチンの一種のルテインという成分がたくさん含まれていることからも、肝=目とつながりますよね。

 

そして、キャベツの原種と言われている、ということはキャベツの薬効パワーが強いバージョン、と考えることができます。

 

キャベツは腎にもアプローチできる補気系のお野菜でもあるので、ケールにもそのパワーを期待できそう!

 

今年はケールを極めてみようと思います!

 

 

薬膳辞典に載っていない野菜も、その野菜の仲間や、入っている成分でどんな帰経になるか、考えることができます。

辞典に載っていないからわからない・・・とあきらめず、いろいろ探りながら使ってみてくださいね!

2019.07.24

湿度に打ち勝つために大事なこと

こんにちは!

 

国際薬膳学院 副学院長の寺薗真衣です。
湿気MAXで不快指数がぐんぐん上がっています。
暑がりの私にとってつらい時期が本格到来したなぁという感じ。

 

そんな先日の晩御飯

 

 

*牛肉とレタスとえのきのだし煮
レタスと牛肉からのだしってすごく合うんです。
レタスには浮腫みを取る作用があるので夏のむくみに瓜類以外の選択肢としてよく登場します。

 

*ベビーコーンのグリル
生のベビーコーンももう最後かな~
グリルで水分を飛ばして、余分な湿気を呼び込まないようにして、ぎゅっと甘くなったひげも一緒にモリモリいただきます。
そのままでもおいしいですが、ちょっと藻塩をつけていただきました
そうです!塩も海藻が含まれることでデトックス効果UPです。

 

*トマトと黄パプリカの胡麻ぽん酢マリネ
パプリカの中で一番栄養価が高いのはオレンジ色なのですが、残念ながら売っていなくて…
ビタミンC強化のためと、あとは(梅雨の脾の色として)黄色をチョイスしてみました。
練り胡麻をポン酢で溶いて和えています。

 

この日のポイントは、やっぱり湿気対策!
暑い!という関西でも、まだあんまり暑くない!という関東でも、
身体の冷やし過ぎはまだまだ禁物です。

 

湿度に打ち勝つためには、この時期にいかに脾を守れるか。
脾を冷やさないか、がとっても大切です。

 

あっという間に梅雨が明けて、あついーあついーばっかり言うマイ100%(にはなりませんけれども)になってしまいそうですけれど、なんとか食べ物の力でやり過ごしていきたいと思います。

 

 

2019.07.18