今までにない薬膳教育「日本人のための薬膳」/ 国際薬膳学院・大阪 / 東京

今月の薬膳弁当

おはようございます!

国際薬膳学院 副学院長の寺薗真衣です。

今日は東京校 中級食学コースの最終日!

いつもながらあっという間です。

朝晩は寒いですがかなり寒さも緩んでいる東京ではもう花粉も飛び始めているみたいですね。

そんな今日は

ウィルスや花粉に負けない!春の和薬膳弁当です!

 

*九条ネギと三つ葉入りちりめん山椒ご飯
いろいろウィルスが心配…といわれるようになってはや1か月ちょっと経ちましたね。
電車などの閉鎖的な空間に行くときは、ウィルスの対策に発散力の高い食材を必ず食べるようにしています。
ご飯には葱、山椒、三つ葉と、跳ね返す力になってくれるものをたくさん入れてみました。

 

*ホタルイカの魚醤につけたこごみと菜の花のおひたし
春の初めのからだのデトックスに欠かせない山菜類。
こごみはフォルムが好きでどうしても入れたくて!
でもからだを冷やすので温め食材の菜の花とともにホタルイカの魚醤に漬け込んで補血活血!にしてみました。

 

*ブロッコリーのするめ節あえ
五臓の底上げに欠かせないブロッコリー。
今日は藻塩で茹でて、するめの削ったものであえました。
(このするめ、このままでもめっちゃおつまみになるんですよねー!)
この日のために咲かせていた菜の花をエディブルフラワー的にあしらっています。

 

*山芋と紫蘇たっぷり鶏団子のロールキャベツ
ネバネバ食材で粘膜強化&免疫UP!ということで鶏もも肉に刻んだ山芋をたっぷり混ぜ込み、
さらに花粉対策にもなる紫蘇と、赤紫蘇のふりかけを混ぜ込んでロールキャベツにしました。
キャベツも胃にやさしく、しっかり免疫力UP食材です!

 

*紅大根と金柑の酢の物
赤い大根と金柑をホワイトバルサミコ酢でマリネした酢の物。
喉を酷使する講師の日は欠かせない食材です。
すこしマッシュルームもプラスして免疫力UP。
赤い大根がお酢の力でピンク色になって春らしさ満開♡です。

 

*しめじの梅昆布あえ
がん予防の効果があるしめじを梅肉であえて、
小さめの紫蘇で巻いてブーケのようにしてみました。
花粉の時期は、とにかく梅!紫蘇!山芋!が増えます(笑)

こごみがかわいくて、お昼食べるのが楽しみです(笑)

食学の最終日は冬の薬膳。皆さん、メニュー作りもかなり上達してきましたね。
調味料の使い方テクニックもお話しします!

お気をつけてお越しくださいね!

2020.02.22

今月の薬膳弁当

おはようございます!

国際薬膳学院 副学院長の寺薗真衣です。

今日は東京校の中級講座の登壇日!

もうすぐ立春!

息子と一緒に近所のお散歩に行くと梅の花が咲いていました。

寒い中でも少しずつ春が近づいているのですね!

そんなわけで、身体を温めつつ、すこーし春も意識した

肝と胃腸にやさしい精進和薬膳弁当にしました!

 

 

 

*生姜と黒豆の混ぜご飯 高菜巻き
高菜は温性のアブラナ科の野菜。
血の巡りもよくしてくれて、化痰や通便の効能も持っています。
黒豆と生姜でもお腹を温めながら、
年末年始にため込んだドロドロも流してもらいます!

 

*干し椎茸の山芋詰め 梅風味
山芋をゆでてつぶしたものに、蕪の葉のお漬物と梅肉をまぜこんで
みりんとお醤油で煮含めた干しシイタケに詰めました。
胃腸にやさしく気を補う一品です!
椎茸の甘みと山芋のしょっぱいで甘じょっぱいが癖になります♡

 

*揚げ筍饅頭 パプリカと菜の花のあんかけ
筍の水煮をつぶして片栗粉と鰹節を混ぜ込んで揚げ焼きにしたものを
パプリカと菜の花の葛あんかけにからめました。
菜の花が出回る季節になりましたねー!
筍は寒性なので冷やしたくないこの時期は揚げ焼きにして冷やさないようにしつつ、
菜の花で温めと巡りを強化しています。

 

*ゆり根と人参と白菜のきんちゃく
人参と白菜で胃腸にやさしく、を狙ってたっぷりきんちゃくに詰め込みました!
最近いろいろ乾き気味なので潤いUPにゆり根もプラスして、最後に補陰の効果も持つ水菜でくくっています。

中身はこんな感じ

しきりにはあおさのりとあしらいにクコの実と人参を使っています。

今日は中級講座で秋の薬膳を掘り下げます!

皆様もお気をつけてお越しくださいね!

 

2020.01.25

今月の薬膳弁当

おはようございます!

国際薬膳学院 副学院長の寺薗真衣です。

今日は東京校の中級講座の登壇日!こんな真冬に真夏の薬膳を掘り下げていきます(笑)

そんな今日の私のお弁当は

クリスマスの洋風補腎弁当です!

 

*むかごと人参葉とクコの実のピラフ
山芋の赤ちゃんのむかご。土臭い感じなのになぜか小さいころから好きでした(笑)
きっと気が足りてなかったからに違いない(笑)

軽く炒めて刻んだ人参のはと戻したクコの実をコンソメ―ベースのご飯に混ぜ込みました。
人参の葉の土臭さとむかごの土臭さがベストマッチなんですよね!

土、とか根っこ、とかなんだか「腎に効いてる!!!」って感じがするのは私だけですかね??(笑)

*黒木耳入りジンジャーシュリンプ
ガーリックシュリンプならぬ、ジンジャーシュリンプ。
塩をして白ワインでマリネしておいたハーブシュリンプ(という名前のもの)を
黒木耳とともに、玉ねぎパウダーと、たっぷりの皮ごとおろした生姜を絡めて炒めました。
最後に黒コショウとパプリカパウダーをまぶしています。
足腰が曲がるまで長寿・・・といっておせちにも大活躍のエビはやっぱりこの時期の腎へのアプローチには欠かせません。
そして、黒木耳で食感にもアクセントを出しつつ、血管をしなやかに保つ効果を期待して!
冬なので生姜や胡椒などスパイス類でしっかり温めます。

*紫キャベツと芽キャベツと玉ねぎのオイスターソース炒め
腎に効かせる海のもの!といえば、エビと並んで牡蠣もおすすめ、なのですが、私がなんと牡蠣が苦手(笑)
というわけでオイスターソースで、強筋骨、補五臓の効果があるキャベツを炒めました。

*スパイス香る安納芋とパプリカの真ん丸ボールサラダ
芋類で山芋とともに腎への帰経があるのがさつまいも。
息子のおやつになるのでめちゃめちゃストックがあります(笑)
そんなわけで蒸した安納芋を拝借して(笑)
そこにシナモン、カルダモン、ジンジャーパウダーを入れて、そこにグリルしたパプリカを刻んで丸めました。
かぼちゃやサツマイモは香りのよいスパイスとの相性がとってもいいです。
そしてスパイスを入れるだけでお腹を温める効果倍増なうえ、急に大人な雰囲気に!
チャイがお好きな方ならきっとこれ、好きですよ!

*ロマネスコのホワイトクリスマス
ロマネスコってもうそのまんまクリスマスツリーですよね!
今日はリンゴのすりおろしと塩麹にお酢を入れて作ったドレッシングで
雪化粧!
ロマネスコはカリフラワーの仲間で、おしゃれな雰囲気とは裏腹に強筋骨の効果があります。

仕切りは黒人参にしてみました。

 

毎月テーマを決めて作る薬膳弁当。

月一回だから!とめちゃめちゃ気合が入るし、献立をうなりながら考える時間は産みの苦しみ差へ感じるのですが、これがまた楽しいんです。

来年も苦しみながら(笑)楽しく作っていこうと思います!

年内最後の授業。食学コースも折り返し地点ですね。

皆様お気をつけてお越しくださいね!

2019.12.21

今月の薬膳弁当

おはようございます!

国際薬膳学院 副学院長の寺薗真衣です。

今日は東京校の中級講座の日!

めちゃめちゃ寒いですがお気をつけてお越しくださいね!

今日は気分はちょっとクリスマス?な洋風薬膳弁当です!

最近顔を見たらびっくり血色が悪く、これは補血せねば!ということでちょっと血を増やすメニューが多めです。

*モロッコいんげんとマッシュルームと人参葉のピラフ
茸の中で温性なのがマッシュルームと舞茸。
舞茸よりもマッシュルームの方が肺や腎の帰経を持つので迷わずこちらをチョイスしました!
モロッコいんげんと人参葉で香りと胃へのやさしさをプラス!

 

*スパイスを利かせたパプリカの肉詰め
ナツメグ、カルダモン、ローリエ、乾燥ゆずをきかせて、食感に刻んだアスパラを入れた豚肉を
小っちゃいパプリカに詰め込みました!
JAさんや露地野菜が手に入るお店でしか、このサイズって手に入らないですよねー!
かわいいサイズを見ると、お弁当用に!とつい買ってしまいます(笑)

 

*黒木耳とアレッタのマスタード和え
アレッタってなんぞや・・・?って感じですよね。
これ、ケールとブロッコリーのあいの子なんだそうです。

↑こんなん
めっちゃ肝(血)に効きそうな掛け合わせ!ということで、買ってみました。
味はブロッコリーが強いのでケールの苦味が苦手な方でも使えそうです!
さらに血にアプローチ&補腎な黒木耳でパワーアップさせて、粒マスタードでマリネにしました。
粒マスタードは「白芥子(はくがいし)」という生薬。
梅雨の薬膳弁当で登場させていましたが、今回は肺を温めてバリア機能強化で使っています。

 

*蓮根とごぼうのバルサミコソテー
空気が乾燥してきてのどがやられそうなので、ごぼうの祛風の力と、蓮根の粘膜保護の力に
お酢で温め&殺菌!の意味合いでソテーにしました。
血を増やしたいのでお酢はバルサミコ(ぶどう)酢をチョイスです。

 

*オレンジカリフラワーと酒粕のクリームの紅大根巻き
久しぶりに酒粕登場!
寒くなったので酒粕でお腹を温めながら血の巡りを良くします。
補腎や強筋骨の効能を持つオレンジカリフラワーをゆでてつぶして、塩麹を加えて味を調えたクリームを
紅大根でくるくる―とお花にしています。
乳製品を使わずクリームっぽいのを作りたいとき、カリフラワーがめっちゃ重宝します。

 

急に寒くなったので寒涼性の食材には必ず温性の食材を強めに合わせてみました。
そして全体的に温性が多めにしあげています!

今日は梅雨の時期の薬膳を掘り下げますよ!
皆さんのメニュー開発訓練、楽しみです!

 

2019.11.30

今月の薬膳弁当

 

 

おはようございます。

国際薬膳学院 副学院長の寺薗真衣です。

今日から東京校目黒教室にて中級講座が始まります!

食学コースでは初級講座の知識をさらに深めていきます。

今日は風邪を吹き飛ばす!秋の「白」食材てんこ盛り和薬膳弁当です!

 

 

*まこもとえのきと白ゴマの生姜風味まぜごはん

まこもはイネ科の食材ですが、解毒の効果が高く、目の充血や口渇におすすめの食材です。
今回はお通じを出す作用のある白いきのこ、えのきと一緒にさっと炒めてみりんと醤油を入れて煮たなめたけ風のものに、
きざんだ生姜の甘酢漬けも一緒に入れてご飯に混ぜ込みました。
最後に白ゴマを入れて完成!

こうしてみると、白=肺といいながら白い食材ってお通じを出す効果があるものが多いですよね!
肺と大腸が表裏関係にあるのも凄くうなずけます。

 

*長ネギのステーキ
前日の晩ごはんで塩麹に漬け込んだ鶏肉をホイルで蒸し焼きにしたときに一緒に入れて焼いたもの。
ねぎはただ一緒に入れて焼いただけですが、鶏肉と塩麹のうまみが葱にうつってくれてトロトロ甘く焼けました。
ねぎはこれからの季節の風邪予防には欠かせない食材。焼くことで抗酸化力もUPします。

 

*玉ねぎたっぷりスペアリブの煮込み 茹で落花生トッピング
豚のスペアリブを葱と玉ねぎ、生姜をタップリ加えて煮ました。翌日に固まった脂を取り除いて完成。
スープもうるおいチャージに持ってきたかったのですが、今回は中身だけ(笑)
この時期にしか取れない生の落花生をゆでたものを散らしてより潤いUPを狙ってみました。

 

*ごぼうと人参の湯葉巻き 柚子胡椒風味
ごぼうは黒いので「腎」のイメージもありますが、ごぼうの種の牛蒡子(ごぼうし)は喉枯れの風邪の漢方薬には大体入っているくらい、風邪を吹き飛ばす効能を持ちます。
補気の代表格の人参と一緒に柚子胡椒であえて疲労回復効果のある湯葉で巻きました。

 

*カリフラワー入り里芋団子 ぎんなんを乗せて
里芋は芋類の中で唯一化痰作用があります。これから寒くなって体がドロドロしがちになる前にしっかりおそうじ!ということで
里芋をゆでてマッシュしたものに胃腸を整えて足腰を丈夫にする作用まであるカリフラワーを入れてまとめたものに、
銀杏でお飾りしました。
生命エネルギーがとても高い銀杏は秋のから咳や老化を伴う慢性の咳や尿トラブルにおすすめの食材。
少し腎を意識しつつも「白」にこだわったお団子です!

 

*れんこんとカイワレ大根の梅干しあえ
薄くスライスした蓮根を梅干しと一緒にさっとゆでて、そこにカイワレ大根を入れて梅を崩して和えた一品です。
この季節のメニューは白っぽくなってしまいがちなので、今回は大根ではなくカイワレ大根を使って彩りUPさせてみました。
蓮根は肺にアプローチさせるためにさっとゆでるにとどめています。
梅は酸っぱいので春のイメージがありますが、アレルギー症状の改善やのどの炎症にもおすすめの肺にアプローチできる食材です。

 

中級講座の食学一回目は春の薬膳を掘り下げていきます。
食材の効能やメニューをについてお話しするのがとっても楽しみ!

皆様、お気をつけてお越しくださいませ!

 

2019.10.26

今月の薬膳弁当

おはようございます!

国際薬膳学院 副学院長の寺薗真衣です。

今日は東京校の初級講座5期生の最終日!

いつもいつも思いますが、本当にあっという間です。

最後の授業も張り切って頑張りますので皆様お気をつけてお越しくださいね!

さて、今日は秋の菊花の和薬膳弁当です♪

*みょうがのナムルとサツマイモの混ぜご飯
みょうがをさっとゆでて塩とごま油であえて作ったナムルとサツマイモをご飯に混ぜ込んでみました。
アクセントに黒胡麻を使っています。
みょうがはほんのりピンクですが、「白くて辛い食材」の仲間。
独特の辛みが発散力を持っています。
黒胡麻とサツマイモの補腎補気食材で底上げをしながらバリア機能を高めます。

*さんまの大根と梨のおろし煮
昨日紹介したメニュー。
お弁当にも入れてみました。
秋刀魚はDHA豊富な血液サラサラ系のお魚の中で、「補虚損」といって
虚を補う力を持っています。
秋バテにもおすすめのお魚。
大根と梨で肺を潤わせながら、消化も助けています。

*キノコと人参と菊花いり鶏ささみミンチのうすあげ巻き
鶏ささみに菊花と人参と白菜と椎茸とエリンギを入れて昆布塩とお酒を入れて混ぜ混ぜ。
ひろげたうすあげにまいて焼きました。
菊花たくさんいれたけど、あんまり黄色いのが見えなくって残念!
肺に帰経をもつエリンギと菊花でバリア機能を高めます。
今回はお揚げの油分があるのでささみでヘルシーにしてみました。
菊花はお浸しにすることが多いですが、独特の風味が苦手な方はこんな感じで混ぜ込んじゃいましょう!

*いんげんのごまあえ
めちゃめちゃシンプルにいんげんを薄口醤油とみりんに白ゴマを混ぜただけです(笑)
暑気あたりにもよいいんげん豆で夏の疲れを癒しつつ、白ゴマでバリア機能UPです。

*小松菜の薬膳白和え
豆腐に白練り胡麻と薄口醤油とすこし蜂蜜を加えて潤いUPを狙って。
乾燥には補血もしたい!ということで小松菜をチョイスしています。
白和えから出る水気を吸ってもらうのにクコの実も入れていろどりに。
クコの実は食べる目薬や足腰を丈夫にする効能で有名ですが、肺を潤す効能も持っています。
最後に呼吸器症状や乾燥予防の松の実でアクセントを入れてみました。

*梅水晶とオクラの和え物 すだちがま
酢橘をくりぬいて梅水晶とオクラの和え物を入れてみました。
梅水晶っていうのはサメの軟骨を梅肉であえたアテなんですが、
たまたま手に入ってうれしくて入れてみました(笑)←大好きなんです!(酒飲みw)
サメの軟骨といえば、ふかひれもそうですよね。
そんなわけで、コラーゲンやコンドロイチンやらたっぷりのサメで潤いUPです。

仕切りは白菜!
そして菊の花で仕切ってみました。
最終講座も頑張ってきます!

こんな感じで受講生さんたちの日々の薬膳メニューに参考にしていただくべく、
毎回、講座の日にはその時に合わせた食材をたっぷり使った薬膳弁当を持っていきます。

中医学で自分の今のからだの状態を知り、それに合わせた食材選びができると、

毎日の食事が養生になります!

この秋、新たな一歩を踏み出してみませんか?

あなたの新しい第一歩を全力でお手伝いさせていただきます!

なんと今期の体験講座は無料!奮ってご参加くださいね!

2019.09.28

今月の薬膳弁当

おはようございます!
国際薬膳学院 副学院長の寺薗真衣です。

東京校初級講座もいよいよ大詰め!あと二回になりました。

今日は薬膳食材とその使い方をたっぷりご紹介しますよ!

楽しみにいらしてくださいね!
さて、そんな今日のお弁当は・・・


夏の終わりの発酵和薬膳弁当です!

*きゅうりの糠漬けと鮭の混ぜご飯
夏の身体の水分チャージといえば瓜類!
夏も終わりかけ、ということでダイレクトに冷やさない糠漬けをチョイスしました。
脾を補う鮭と一緒に混ぜご飯にしています。
黒胡麻をアクセント&補腎(冬病夏治対策)で!

 

*白菜の茄子クリーム包み
身体の余分な熱をとってくれて、デトックスに向く白菜は意外にも平性。
ガンガンに冷やし過ぎず、やさしさがあります。
そんな白菜に茄子をムース状にして、アクセントに刻んだうりの奈良漬けをいれたクリームを入れました。
奈良漬は酒粕に漬け込んだもの。気血の巡りを良くするので
茄子の活血の作用をパワーアップさせてくれます。
そこに水巡りUPのはとむぎポンをパラパラ。(食べるころにはしっとりしてるのですけど(笑))

*かぼちゃと水菜のえごま和え
かぼちゃはスライサーで千切りにしてさっとゆでて水菜とあえています。
冷やさない瓜といえばかぼちゃ!
えごまはお腹を温めて、上がった気を下げてくれます。

 

*ピーマンとおくらの実山椒あえ
炒めたピーマンとおくらに、実山椒の塩漬けを絡めて味付けしただけのスピードメニュー。
ピーマンの血液サラサラ効果を山椒のさわやかな香りで巡らせています。
オクラのとろみで胃にやさしく、まとまっています!

 

*豚の梅しそトマト巻き
たたいた梅と紫蘇を豚で巻いた定番メニューにトマトをいれました。
すこし自家製梅味噌も忍ばせています。
梅は解毒効果が高く、夏の胃薬トマトとともに夏バテ対策にもおすすめの食材です。
梅味噌にはココナッツシュガーが入っていて、湿気対策もばっちりです。
隙間にとうもろこしと、塩麹で炒めたアワビ茸を入れてみました。
糠漬け・奈良漬・梅干し・味噌・塩麹!
発酵食材の力で講座も夏もラストスパートを駆け抜けましょう!

 

中医学で自分の今のからだの状態を知り、それに合わせた食材選びができると、
毎日の食事が養生になります!
この秋、新たな一歩を踏み出してみませんか?
あなたの新しい第一歩を全力でお手伝いさせていただきます!
なんと今期の体験講座は無料!奮ってご参加くださいね!

10月5日(土)開催!まずはお気軽に体験入学講座
11月2(土)開講!一番わかりやすい!中医学基礎理論と薬膳入門
月1回ペースで5か月で習得!遠方の方にも人気です!

2019.08.31

6月の薬膳弁当

おはようございます!

 

副学院長の寺薗真衣です。

 

今日は東京校の初級講座の登壇日!

 

梅雨モードのお弁当を持って行ってまいります!

 

皆様お気をつけてお越しくださいね!

 

さて、今日のお弁当は・・・☆
湿気を出し切る洋風デリ弁当です!

*ベビーコーンのグリル

シンプルに皮ごとグリルしたベビーコーンをどーん☆

ベビーコーンのひげはとっても柔らかくて甘い上に、芯がなくて丸ごといただける「一物全体」!

余すことなくトウモロコシのもつ利湿効果をいただきます♡

 

*雑穀とトウモロコシの湿だしピラフ

はとむぎ・小豆・黒豆もしっかりはいった雑穀ごはんにとうもろこしも混ぜ込んで、コンソメ顆粒を混ぜ込んだ

簡単ピラフ風ごはん。

利尿効果の高い豆類で薬効高めです!

 

*鮭のハーブ焼き

浮腫みといえば鯛!と思ったけれど、今回は彩り的にも、補気補血の鮭をチョイスしました。

おなじみの塩麹で下味をつけて、パセリとバジルたっぷりまぶして焼きました。

ハーブの胃腸を整える効果を狙っています。

 

*ズッキーニと牛肉の粒マスタード炒め

利尿効果のズッキーニと、補気補血に足腰強化の「強筋骨」まで備わった牛肉を少し入れて粒マスタードを絡めて炒めました。

マスタードは「白芥子(はくがいし)」という生薬。

化痰や祛風湿の作用があります。

 

*赤カブとヤマブシタケのコンソメ煮

蕪のお腹を温めてくれる効果で胃腸を元気にして、さらにキノコの中でも薬効が高めのヤマブシタケが手に入ったので

一緒にコンソメ煮にしてみました。

 

*紫キャベツの塩麹レモンマリネ

胃腸を強化する一番使い勝手が良い野菜といえばキャベツ!

アントシアニンが入ってさらに薬効UPの紫キャベツを塩麹とレモンでマリネにしました。

レモンの酸味で少しピンクがかるのがかわいいですよね!

 

*トマトと枝豆とオクラのあえもの

藻塩を利かせた枝豆をオクラとトマトとあえて胃腸にやさしい一品に。

枝豆は和洋中どんなメニューにも合わせやすくて、お豆の中でも食べやすいくせに、

浮腫みを取るだけでなく、補血効果まであるので女性にうれしい食材ですね!

オクラもかわいい見た目ですが、補腎や活血作用があってこれも女子のミカタ!

 

 

今日の仕切りはレタスとおかひじきにしました。

全体的に食材が温のものが多いので、少し涼性の仕切りで、浮腫みにアプローチしています。

おかひじきが入ると涼しげ!

 

 

今日は気血水と五臓を掘り下げていきますよ!

ヘビーな回ですが、頑張っていきましょう!

 

 

 

 

2019.06.22

5月の薬膳弁当

おはようございます!
国際薬膳学院 副学院長の寺薗真衣です。
本日から東京校にて「一番わかりやすい!中医学基礎理論と薬膳入門」が始まります!
暑いので皆様お気をつけてお越しくださいね!
さて、そんなわけで、ツキイチお弁当も頑張っていきますよ!
今日のお弁当はこちら!

春の名残り 梅と香りのお弁当☆
*紫蘇わかめご飯 梅干し乗っけ
紫蘇は香りが良くて胃腸も整えて風邪予防もできる優れもの。
赤しそは漢方薬にもなっている優れもの。
ふりかけなどに入っているのは赤しそが多いですよね!
今回は生の赤しそも添えて見た目も効能もパワーアップです。
*鶏肉の梅味噌漬け
完熟梅とおから味噌にココナッツシュガーを入れた自家製の梅味噌に漬け込んだ鶏を焼いたもの。
鶏の気を補う力に味噌の発酵パワーもあいまって最強の脾ケアメニューです。
*ブロッコリーのポン酢あえ
ポン酢でゆでたブロッコリーを和えただけ(笑)
柑橘は胃腸を整える果肉部分と気を巡らせる力の皮の部分がありますが、
絞るとどっちも入りますよね!
筋肉のケアができるブロッコリー、お酢の力でさらにしなやかに!
*ピーマンの肉詰め セロリ入り
刻んだセロリをたっぷり入れたピーマンの肉詰め。
ピーマンとセロリで気血を巡らせています。
セロリの食感もアクセントになってストレスも解消です。
*ブロッコリーと新じゃがのきんぴらの黒胡麻和え
ブロッコリーの茎はシャキシャキの歯ごたえが大好き!
味付けには鮎の魚醤を使いました。
魚醤の力で血液サラサラです。
*クコの実入り せりと小松菜としめじのおひたし
血を増やして巡らせるメニュー!
クコの実と小松菜としめじで血を補って、せりで巡らせます。
醤油とみりんの味付けはクコの実に合います。
*プチトマト
暑いので、抗酸化パワーと夏の胃薬のトマトは欠かせず!
飾りと仕切りには青紫蘇と、赤紫蘇のマイクロハーブと、せりを使ってみました。
今日のポイントはこのちっさい赤しそ☆
お花のようにかわいくてテンションが上がります♡
もう暦では夏で、春も終わってしまいましたが、梅雨に向けての準備で名残りの春薬膳!
今日はこのお弁当を持って、頑張ってきます!

5か月間、一緒に頑張りましょう!

 

 

 

満席になりました!
5月25(土)開講!一番わかりやすい!中医学基礎理論と薬膳入門
月1回ペースで5か月で習得!遠方の方にも人気です!

2019.05.25