今までにない薬膳教育「日本人のための薬膳」/ 国際薬膳学院・大阪 / 東京

今月の薬膳弁当

おはようございます!

国際薬膳学院 副学院長の寺薗真衣です。

今日は東京校の初級講座5期生の最終日!

いつもいつも思いますが、本当にあっという間です。

最後の授業も張り切って頑張りますので皆様お気をつけてお越しくださいね!

さて、今日は秋の菊花の和薬膳弁当です♪

*みょうがのナムルとサツマイモの混ぜご飯
みょうがをさっとゆでて塩とごま油であえて作ったナムルとサツマイモをご飯に混ぜ込んでみました。
アクセントに黒胡麻を使っています。
みょうがはほんのりピンクですが、「白くて辛い食材」の仲間。
独特の辛みが発散力を持っています。
黒胡麻とサツマイモの補腎補気食材で底上げをしながらバリア機能を高めます。

*さんまの大根と梨のおろし煮
昨日紹介したメニュー。
お弁当にも入れてみました。
秋刀魚はDHA豊富な血液サラサラ系のお魚の中で、「補虚損」といって
虚を補う力を持っています。
秋バテにもおすすめのお魚。
大根と梨で肺を潤わせながら、消化も助けています。

*キノコと人参と菊花いり鶏ささみミンチのうすあげ巻き
鶏ささみに菊花と人参と白菜と椎茸とエリンギを入れて昆布塩とお酒を入れて混ぜ混ぜ。
ひろげたうすあげにまいて焼きました。
菊花たくさんいれたけど、あんまり黄色いのが見えなくって残念!
肺に帰経をもつエリンギと菊花でバリア機能を高めます。
今回はお揚げの油分があるのでささみでヘルシーにしてみました。
菊花はお浸しにすることが多いですが、独特の風味が苦手な方はこんな感じで混ぜ込んじゃいましょう!

*いんげんのごまあえ
めちゃめちゃシンプルにいんげんを薄口醤油とみりんに白ゴマを混ぜただけです(笑)
暑気あたりにもよいいんげん豆で夏の疲れを癒しつつ、白ゴマでバリア機能UPです。

*小松菜の薬膳白和え
豆腐に白練り胡麻と薄口醤油とすこし蜂蜜を加えて潤いUPを狙って。
乾燥には補血もしたい!ということで小松菜をチョイスしています。
白和えから出る水気を吸ってもらうのにクコの実も入れていろどりに。
クコの実は食べる目薬や足腰を丈夫にする効能で有名ですが、肺を潤す効能も持っています。
最後に呼吸器症状や乾燥予防の松の実でアクセントを入れてみました。

*梅水晶とオクラの和え物 すだちがま
酢橘をくりぬいて梅水晶とオクラの和え物を入れてみました。
梅水晶っていうのはサメの軟骨を梅肉であえたアテなんですが、
たまたま手に入ってうれしくて入れてみました(笑)←大好きなんです!(酒飲みw)
サメの軟骨といえば、ふかひれもそうですよね。
そんなわけで、コラーゲンやコンドロイチンやらたっぷりのサメで潤いUPです。

仕切りは白菜!
そして菊の花で仕切ってみました。
最終講座も頑張ってきます!

こんな感じで受講生さんたちの日々の薬膳メニューに参考にしていただくべく、
毎回、講座の日にはその時に合わせた食材をたっぷり使った薬膳弁当を持っていきます。

中医学で自分の今のからだの状態を知り、それに合わせた食材選びができると、

毎日の食事が養生になります!

この秋、新たな一歩を踏み出してみませんか?

あなたの新しい第一歩を全力でお手伝いさせていただきます!

なんと今期の体験講座は無料!奮ってご参加くださいね!

2019.09.28

今月の薬膳弁当

おはようございます!
国際薬膳学院 副学院長の寺薗真衣です。

東京校初級講座もいよいよ大詰め!あと二回になりました。

今日は薬膳食材とその使い方をたっぷりご紹介しますよ!

楽しみにいらしてくださいね!
さて、そんな今日のお弁当は・・・


夏の終わりの発酵和薬膳弁当です!

*きゅうりの糠漬けと鮭の混ぜご飯
夏の身体の水分チャージといえば瓜類!
夏も終わりかけ、ということでダイレクトに冷やさない糠漬けをチョイスしました。
脾を補う鮭と一緒に混ぜご飯にしています。
黒胡麻をアクセント&補腎(冬病夏治対策)で!

 

*白菜の茄子クリーム包み
身体の余分な熱をとってくれて、デトックスに向く白菜は意外にも平性。
ガンガンに冷やし過ぎず、やさしさがあります。
そんな白菜に茄子をムース状にして、アクセントに刻んだうりの奈良漬けをいれたクリームを入れました。
奈良漬は酒粕に漬け込んだもの。気血の巡りを良くするので
茄子の活血の作用をパワーアップさせてくれます。
そこに水巡りUPのはとむぎポンをパラパラ。(食べるころにはしっとりしてるのですけど(笑))

*かぼちゃと水菜のえごま和え
かぼちゃはスライサーで千切りにしてさっとゆでて水菜とあえています。
冷やさない瓜といえばかぼちゃ!
えごまはお腹を温めて、上がった気を下げてくれます。

 

*ピーマンとおくらの実山椒あえ
炒めたピーマンとおくらに、実山椒の塩漬けを絡めて味付けしただけのスピードメニュー。
ピーマンの血液サラサラ効果を山椒のさわやかな香りで巡らせています。
オクラのとろみで胃にやさしく、まとまっています!

 

*豚の梅しそトマト巻き
たたいた梅と紫蘇を豚で巻いた定番メニューにトマトをいれました。
すこし自家製梅味噌も忍ばせています。
梅は解毒効果が高く、夏の胃薬トマトとともに夏バテ対策にもおすすめの食材です。
梅味噌にはココナッツシュガーが入っていて、湿気対策もばっちりです。
隙間にとうもろこしと、塩麹で炒めたアワビ茸を入れてみました。
糠漬け・奈良漬・梅干し・味噌・塩麹!
発酵食材の力で講座も夏もラストスパートを駆け抜けましょう!

 

中医学で自分の今のからだの状態を知り、それに合わせた食材選びができると、
毎日の食事が養生になります!
この秋、新たな一歩を踏み出してみませんか?
あなたの新しい第一歩を全力でお手伝いさせていただきます!
なんと今期の体験講座は無料!奮ってご参加くださいね!

10月5日(土)開催!まずはお気軽に体験入学講座
11月2(土)開講!一番わかりやすい!中医学基礎理論と薬膳入門
月1回ペースで5か月で習得!遠方の方にも人気です!

2019.08.31

6月の薬膳弁当

おはようございます!

 

副学院長の寺薗真衣です。

 

今日は東京校の初級講座の登壇日!

 

梅雨モードのお弁当を持って行ってまいります!

 

皆様お気をつけてお越しくださいね!

 

さて、今日のお弁当は・・・☆
湿気を出し切る洋風デリ弁当です!

*ベビーコーンのグリル

シンプルに皮ごとグリルしたベビーコーンをどーん☆

ベビーコーンのひげはとっても柔らかくて甘い上に、芯がなくて丸ごといただける「一物全体」!

余すことなくトウモロコシのもつ利湿効果をいただきます♡

 

*雑穀とトウモロコシの湿だしピラフ

はとむぎ・小豆・黒豆もしっかりはいった雑穀ごはんにとうもろこしも混ぜ込んで、コンソメ顆粒を混ぜ込んだ

簡単ピラフ風ごはん。

利尿効果の高い豆類で薬効高めです!

 

*鮭のハーブ焼き

浮腫みといえば鯛!と思ったけれど、今回は彩り的にも、補気補血の鮭をチョイスしました。

おなじみの塩麹で下味をつけて、パセリとバジルたっぷりまぶして焼きました。

ハーブの胃腸を整える効果を狙っています。

 

*ズッキーニと牛肉の粒マスタード炒め

利尿効果のズッキーニと、補気補血に足腰強化の「強筋骨」まで備わった牛肉を少し入れて粒マスタードを絡めて炒めました。

マスタードは「白芥子(はくがいし)」という生薬。

化痰や祛風湿の作用があります。

 

*赤カブとヤマブシタケのコンソメ煮

蕪のお腹を温めてくれる効果で胃腸を元気にして、さらにキノコの中でも薬効が高めのヤマブシタケが手に入ったので

一緒にコンソメ煮にしてみました。

 

*紫キャベツの塩麹レモンマリネ

胃腸を強化する一番使い勝手が良い野菜といえばキャベツ!

アントシアニンが入ってさらに薬効UPの紫キャベツを塩麹とレモンでマリネにしました。

レモンの酸味で少しピンクがかるのがかわいいですよね!

 

*トマトと枝豆とオクラのあえもの

藻塩を利かせた枝豆をオクラとトマトとあえて胃腸にやさしい一品に。

枝豆は和洋中どんなメニューにも合わせやすくて、お豆の中でも食べやすいくせに、

浮腫みを取るだけでなく、補血効果まであるので女性にうれしい食材ですね!

オクラもかわいい見た目ですが、補腎や活血作用があってこれも女子のミカタ!

 

 

今日の仕切りはレタスとおかひじきにしました。

全体的に食材が温のものが多いので、少し涼性の仕切りで、浮腫みにアプローチしています。

おかひじきが入ると涼しげ!

 

 

今日は気血水と五臓を掘り下げていきますよ!

ヘビーな回ですが、頑張っていきましょう!

 

 

 

 

2019.06.22

5月の薬膳弁当

おはようございます!
国際薬膳学院 副学院長の寺薗真衣です。
本日から東京校にて「一番わかりやすい!中医学基礎理論と薬膳入門」が始まります!
暑いので皆様お気をつけてお越しくださいね!
さて、そんなわけで、ツキイチお弁当も頑張っていきますよ!
今日のお弁当はこちら!

春の名残り 梅と香りのお弁当☆
*紫蘇わかめご飯 梅干し乗っけ
紫蘇は香りが良くて胃腸も整えて風邪予防もできる優れもの。
赤しそは漢方薬にもなっている優れもの。
ふりかけなどに入っているのは赤しそが多いですよね!
今回は生の赤しそも添えて見た目も効能もパワーアップです。
*鶏肉の梅味噌漬け
完熟梅とおから味噌にココナッツシュガーを入れた自家製の梅味噌に漬け込んだ鶏を焼いたもの。
鶏の気を補う力に味噌の発酵パワーもあいまって最強の脾ケアメニューです。
*ブロッコリーのポン酢あえ
ポン酢でゆでたブロッコリーを和えただけ(笑)
柑橘は胃腸を整える果肉部分と気を巡らせる力の皮の部分がありますが、
絞るとどっちも入りますよね!
筋肉のケアができるブロッコリー、お酢の力でさらにしなやかに!
*ピーマンの肉詰め セロリ入り
刻んだセロリをたっぷり入れたピーマンの肉詰め。
ピーマンとセロリで気血を巡らせています。
セロリの食感もアクセントになってストレスも解消です。
*ブロッコリーと新じゃがのきんぴらの黒胡麻和え
ブロッコリーの茎はシャキシャキの歯ごたえが大好き!
味付けには鮎の魚醤を使いました。
魚醤の力で血液サラサラです。
*クコの実入り せりと小松菜としめじのおひたし
血を増やして巡らせるメニュー!
クコの実と小松菜としめじで血を補って、せりで巡らせます。
醤油とみりんの味付けはクコの実に合います。
*プチトマト
暑いので、抗酸化パワーと夏の胃薬のトマトは欠かせず!
飾りと仕切りには青紫蘇と、赤紫蘇のマイクロハーブと、せりを使ってみました。
今日のポイントはこのちっさい赤しそ☆
お花のようにかわいくてテンションが上がります♡
もう暦では夏で、春も終わってしまいましたが、梅雨に向けての準備で名残りの春薬膳!
今日はこのお弁当を持って、頑張ってきます!

5か月間、一緒に頑張りましょう!

 

 

 

満席になりました!
5月25(土)開講!一番わかりやすい!中医学基礎理論と薬膳入門
月1回ペースで5か月で習得!遠方の方にも人気です!

2019.05.25