今までにない薬膳教育「日本人のための薬膳」/ 国際薬膳学院・大阪 / 東京

  • トップ > 
  • なつめちゃんブログ

今年の関東の梅雨は寒湿>湿熱

こんにちは!
国際薬膳学院 副学院長の寺薗真衣です。
湿気はしっかり感じられるけれど、雨は少なめの梅雨。
数か月前に猛暑が来たものの、割と過ごしやすい気温の多い関東です。
我が家の休日のお昼ご飯は、どんぶりものや麺類などにすることが多いです。
豚赤身肉のミンチに、刻んだえのき、椎茸、生姜を加えて少量の油とお酒で炒り煮にして、
みりんと醤油にすこし甘酒をプラス!
たっぷりの紫蘇を刻んで今日は卵黄も載せてみました。
あたたかいとうもろこしのひげ茶とともにいただきます!
キノコ類でいらないものをデトックスしつつ気を補い、生姜と紫蘇でお腹を温めるメニューです。
いつもはトッピングでつかう紫蘇をご飯にふんだんに散らしたのが大正解!
香りでスッキリ、気もめぐります。
もっとこの時期ならもわもわムシムシの湿熱のイメージだけれど、
関東はなんとなく冷えた湿気の寒湿なイメージ。
冷えた湿気と熱された湿気では食材のチョイスが変わってきます。
ことしはなかなか瓜類に踏み切れないです(笑)
お腹を冷やさないように、気を付けて楽しい連休をお過ごしくださいね!

2019.07.14

国際薬膳学院 臨時休業のお知らせ

いつも大変お世話になっております。

事務局よりご連絡させていただきます。

 

2019年7月13日(土)から7月15日と

2019年7月25日(木)を

誠に勝手ながら臨時休校とさせていただきます。

 

何卒よろしくお願い申し上げます。

 

なつなつめ5

2019.07.12

【2019年8月の単発講座】メンズから学ぶよろず学「頭部の疾患 頭痛の弁証と風痰のメカニズムについて」開催!!

ますます暑くなってきましたが皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

本日は年に2回のメンズから学ぶよろず学講座についてご案内させていただきます

 

各界を牽引される男性の専門家をお招きして様々なジャンルの
ご講演をいただく「メンズから学ぶよろず学」。

 

毎回テーマを絞って中医臨床の現場で実際に多くの複雑な症例に挑んでおられる
スーパードクター谷澤浩一先生の中医学弁証講座です。

今回のテーマは「頭部の疾患 頭痛の弁証と風痰のメカニズムについて」
ひどくイライラした時、風邪をひきかけた時、雨が降ったり低気圧が近づいてくると頭が痛くなる人がいます。痛む場所も、偏頭痛、おでこが痛い、後頭部が凝る、頭が痛くなるきっかけや症状は人それぞれ。

 

 

人体に空いている穴は九つ、そのうち清竅と呼ばれる七つ(目・鼻・口・耳)は頭部に集中しています。それらはなぜ塞がれ、頭部に痛みとなって現れるのでしょうか?
そんな時にはどんな漢方薬が合うのでしょうか?

特にお悩みどころの「痰が風邪とくっついて風痰となるメカニズム」についても、この機会に詳しく解説いただきます。
人から相談される症状No.1の「頭痛」の弁証をマスターするチャンス!
ぜひ皆様、谷澤先生の穏やかで柔らかでユーモアたっぷりのコテコテ大阪弁中医臨床講座に、奮ってご参加ください!!

 

 

お申込みはコチラから!!

 

 

谷澤先生②

 

2019.07.09

七夕の離乳食

こんにちは!

 

副学院長の寺薗真衣です。

 

息子、とうとう1歳8か月になりました。

 

離乳食をはじめてまるまる一年!

 

去年の今頃はまだ10倍粥を二口?三口?くらいだったのに、

 

一年で食べる量が激増して感慨深いです。

 

そして今日は七夕。

 

6月30日の水無月に続いて、イベントメニューデー!

 

七夕は無病息災を願ってそうめんを食べる習慣があります。

 

古代中国に「7月7日に死んだ帝の子が霊鬼神となって熱病を流行らせた。そこで、その子の好物だった索餅を供えて祀るようになったことから、7月7日に索餅を食べると1年間無病息災で過ごせる」という言い伝えがあります。

 

この「索餅」(さくべい)という小麦粉料理、索には縄をなうという意味があり、縄のようにあんだ小麦粉のお菓子のようなものだったそう。

日本に伝わってから、徐々に形を変えて、今ではそうめんの形で食べるようになったとか。

 

そうめんは織姫の織る時の織り糸にも見立てられるし、天の川の川の流れのように見立てることもできますね。

 

そんなこんなで息子の七夕ランチはこんな感じに!

 

19-07-07-13-29-53-831_deco.jpg

 

すこし束ねて巻きながら、糸のようにも見える…と見せかけて天の川をイメージして盛り付けました。

 

と言っても、まだ離乳食。

 

そうめんを4等分くらいに折ってから茹でているので、きれいに流れるように盛り付けるの、なかなか苦戦しました(笑)

 

天の川の星にはオクラと、スナップエンドウの豆部分(小さくてかわいい!)、黄色トマトを飾り付けて、

 

ふわふわと流れを感じさせるとろろ昆布でところどころにあしらっています。

 

そして笹に見立てて水菜をゆでて(刻んで、つなぎ合わせた地味な作品)短冊にズッキーニと人参をトッピング。

 

そしてリーフ型のガラスの器(笹の葉のつもりで)に盛り付けて♡

 

最終的にはとろろ昆布を利かせたお出汁(ここにもおくらや重ね煮のお野菜がたっぷり入ってます)の中にダーッと入れて食べましたが(笑)

 

一応、七夕やから、そうめん食べんねん~

 

さ~さ~の~は~さ~らさら~とうたってから食べてもらいました(笑)

 

 

絶対覚えてないだろうけど、飾り付け、ちょっと楽しかった!(笑)

 

 

そうめんは小麦粉と塩でできていて、薬膳的な薬効を感じにくい食材ですが、

 

昆布や豆、ズッキーニで湿気を出して、ニンジン、オクラ、トマトで胃腸を元気にするメニューです。

 

イベント離乳食、待ってる息子は催促がすごいけど、

 

これからも催促に負けずに無心でつくって、食を楽しんでもらおうと思います。

 

2019.07.07

認定講師の先生方の「はじめての食材効能薬膳」講座 続々と開講中です!

国際薬膳学院をご卒業後に

和学薬膳®協会にお入りいただきますと

認定講師だけが開講できる特別カリキュラム

「はじめての食材効能薬膳」講座が開講できます!

https://yaku-zen.jp/wagaku.php

(詳しくはこちらから!和学薬膳協会HP)

 

o0800111014485328853

IMG_4815

兵庫県で活動されている認定講師

大道優子先生の認定講座のご様子!

IMG_8296

大道優子先生のブログはこちらをどうぞ!

https://ameblo.jp/yun-yunblog/entry-12490907584.html

また広島県でご活躍の認定講師

田中淳子先生は福山市で当学院の初級講座を開催してくださっています!

IMG_5421

田中淳子先生のブログはこちらからどうぞ!

https://ameblo.jp/sakurasakujunko/entry-12486522833.html

大阪府でご活躍の認定講師

森澤孝美さんも「はじめての食材効能薬膳」講座を

何度も開催してくださっています!

IMG_0964

キャプチャ1

森澤孝美先生のブログはこちら

https://ameblo.jp/aroma226mimosa38/entry-12489557322.html

国際薬膳学院を卒業され認定講師となられた先生方はほかにもたくさん!!

続々とご紹介してまいります。

卒業生のおかげで国際薬膳学院ならではの薬膳を広めていただき

とても有難く思います!

2019.07.07

半夏生に蛸をたべる

こんにちは!
国際薬膳学院 副学院長の寺薗真衣です。
昨日は半夏生でしたね。
半夏生といえばたこを食べる日!
食べ物がかかわる暦は目ざとくチェック!
…といっても、去年ははじめての離乳食づくりで、
おととしは妊娠中で蛸のことなんかすっかり忘れていました(笑)
蛸は大好きな食材の一つ。
なので、今年こそは!!とひそかに意気込んでいた私。
畑仕事がひと段落する頃に、作物が蛸のようにしっかりと根を張って、
蛸の吸盤のようにたくさん実るように、という願いを込めて食べられた蛸は
タウリンたっぷりで、農作業の疲れも癒してくれることを昔の人は知っていたのでしょうね。
昔の人の暮らしを思いながら、風習にのっとった食材を愉しむとき、
食材の効能を知るとさらに体に効く気がします。
そんな昨日の蛸メニューは
蛸まんじゅう!
はんぺんと刻んだ蛸をハンドミキサーで滑らかにして、枝豆をたっぷりまぜこんで
ラップで形を整えてレンジでチンしただけです(笑)
レンジで温めている間に昆布と薄口醤油とお酒で葛あんかけを作って最後にとろーり。
仕上げに陳皮をパラり!
意気込んでた割にめっちゃ簡単です(笑)
たこと枝豆ごろごろ入っています♡
蛸も枝豆も補気も補血できる食材!
はんぺんには山芋がたっぷり入っているのでこれも補気!
同じ方針でまとめて、スーパー補気補血メニューになりました!
食べ物がかかわる暦、今までそこまで意識していなかったものもたくさんありますが、子供と一緒に色々楽しめたらいいなぁと思っています!
(七夕にそうめんを食べるという風習がある地域があるそうなので、息子もそうめんなら食べられる!と今からあれこれ考え中!(笑))

2019.07.03

水無月風の離乳食ごはん

こんにちは!

 

副学院長の寺薗真衣です。

 

一昨日は6月30日。もう1年が半分終わったなんてびっくりです。

 

京都出身の私にとっては、この日に水無月を食べないと!と和菓子屋さんに(笑)

 

皆さんは水無月召し上がられましたか?

 

古くから前半最終日の6月30日には、半年間の悪い行いや身の汚れを払い、明日からの新たな半年間を無事に過ごせますようにと祈願する行事が行われていました。
この行事を「夏越祓(なごしのはらえ)」や、「水無月の祓い」といい、氷のかけらに見立てて作られた、暑気払いの意味がある水無月を食べて、無病息災を祈願したそう。

 

そんなわけで、私も、この半年の身の汚れを払い、暑い季節も夏バテせずに元気でいられるように・・・と毎年欠かさず食べています(笑)

 

めっちゃすき!というお菓子でもないのに、風習ってすごい(笑)

 

 

一歳八か月目前の息子はまだういろうも甘い小豆も食べられないので、水無月風のごはんにしてみました!

 

19-07-01-07-14-14-001_deco.jpg

小粒の納豆をご飯に乗せて。

 

血をサラサラにする納豆に血を補うごま風味と体のドロドロ排出の青のり風味です。

 

付け合わせは脾を元気にする目的でパプリカとオクラとジャガイモの和え物と

 

肝にアプローチしてイライラ改善のすもも。

 

夏を意識する意味で少し赤い食材を多めにしてみました。

 

一緒に水無月を食べるのはいつになるかなー(笑)

 

 

19-07-01-07-15-16-638_deco.jpg

 

2019.07.02

薬膳寿司®マスターコース このようなことが学べます!

飾り巻き

皆様こんにちは!

薬膳寿司®マスターコース

いよいよ今月から定期開催してまいります。

https://yakuzen-sushi.jp/

【このようなことが学べます】

★一日目座学: 国際薬膳学院 学院長 赤堀真澄担当

 

寿司を薬膳にしてみよう!

酢飯を薬膳にするには?

具を薬膳にするには?

体質別、シーン別に具の食材を選んでみよう!

薬膳寿司を美味しく作る下準備

薬膳寿司を可愛く作るデザインバリエーション

薬膳寿司のおもてなし・パーティーコーディネート

薬膳寿司を手土産に。フードラッピング法

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

★二日目 調理実習 担当:飾巻子先生(日本デコずし協会委員長)

山下孝明先生(寿司職人)

この講座のためにデザインしてくださった和柄3種のデコ巻きの実習

(日本デコ寿司協会2級のディプロマが発行されます)

山下先生によるにぎりずしのご指導

寿司の歴史、ルール

寿司食材の扱い方

薬膳寿司 価格 バナー

日程は7月18日・19日(平日2日コース)と

9月14日・15日(土日2日コース)がございます!

詳しい内容は薬膳寿司®マスターコース

専用サイトにてご確認くださいませ!

https://yakuzen-sushi.jp/

 

 

2019.07.01

認定講師第十号!大道優子さま(兵庫県)和学薬膳®専科4期生

IMG_8296

 

認定講師第十号が誕生!

これまでも多くの薬膳講座やワークショップを開催しておられる

大道優子さま。

 

国際薬膳学院 和学薬膳®専科4期生のご卒業です!

この度ご自分の講座に加え

国際薬膳学院の認定講座

「はじめての食材効能薬膳」講座を開催してくださいました。

講座の内容の詳細は

大道優子様のブログよりご紹介していただいております。

https://ameblo.jp/yun-yunblog/entry-12487846165.html

o0596077114485328900

 

講座は長丁場の丸2日間!

お昼の休憩時間には会場となった場所のランチをお出しになったようです。

o0800060014485328864

 

これはご参加の皆様も

さぞかし喜ばれたことでしょう!!

o0800111014485328853

大道さん、お忙しい中

国際薬膳学院の認定講座を開催してくださり

ありがとうございました!

===============

身近な120種類の食材の効能が学べる

国際薬膳学院卒業生の認定講座

「はじめての食材効能薬膳」講座の

開催条件などに関しては

こちらをご覧ください!

===============

国際薬膳学院卒業生のための

和学薬膳®協会

認定講師制度のご紹介

https://yaku-zen.jp/wagaku.php

 

 

 

 

2019.06.30

7月といえばこの魚!

こんにちは!

国際薬膳学院 副学院長の寺薗真衣です。
あっという間に6月も終わろうとしていますね。
カラッと乾いた風が気持ちいいな~と思っていたら、やっぱりつゆ。
ジメジメむしむしダル重どんよりですね。
さて、せっせと湿気を出しましょうか。
京都出身の私にとって7月と言えば祇園祭!
祇園祭と言えば鱧!
鱧には体のむくみやだるさ、しびれを取ってくれる効果があり、湿気の多い季節におすすめのお魚です。
たいてい祇園祭の行程のどこかで台風が来て、祇園祭に浴衣を着ていくとたいてい夕立にふられて水浸しになるか、
蒸し暑すぎて汗だくになるか・・・(笑)
そんな思い出しかないですが、
そんな湿度MAXな祇園祭の季節の鱧はとても理にかなっていなんだな、もしかして京都の古の知恵?!
白くてふんわりした鱧に赤い梅肉がチョンと乗っている湯引きが大好きで、
小学生の頃にいったとあるバイキングで、はもの湯引きばっかり取りに行っていた渋い思い出も思い出しました(笑)
今考えると、私、小さい頃の食の趣味が完全に和食でした。
好きな食べ物にハンバーグやスパゲティーやカレーライスと書いた思い出がない!(笑)
鱧は湯引きも、ふわっと揚げた天ぷらも、大好きなのですが、もう一つ好きな食べ方があります。
カツオと昆布のお出汁に、薄口しょうゆとお酒で味を調えたお出汁に
片栗粉をつけた鱧をいれて、トロっとした味わいに仕立てた一品です。
一緒に玉ねぎを入れて透き通って甘くなるまで煮たら、最後に水菜をわさーっと入れます。
最後に原了閣さんの黒七味をパラり。
これ、お出汁が余ったら冷蔵庫で冷やしておくと鱧からのコラーゲンで煮凝りになるので、湯むきしたトマトにかけたり、おそうめんにかけてもおいしい!(何かにかけるときは少しお出汁が濃い目のほうがいいですね)
一度で二度おいしい食べ方です☆
昔京都で食べた鱧鍋で鱧と玉ねぎの相性に感動して以来実家でもよく食べていた一品なんです。
鱧の身体の湿気を取る効果に玉ねぎの身体にたまったドロドロをサラサラにする効果と、七味のからだの水分を飛ばす効果で
まさに今の時期にとてもいい組み合わせ!!
こんな一品で大雨の重だるさを解消できればいいな!と思います。
東京に来てからは鮮魚売り場で鱧の取り扱いがなかなかなくて、見かけるとついつい買ってしまうのですが、
(でもあまり人気がないのか、よく割引シールがついていてラッキー(笑))
今年も鱧とともに夏を乗り切りたいと思います☆

2019.06.30

国際薬膳学院事務局 臨時休業のお知らせ

いつも大変お世話になっております。

事務局よりご連絡させていただきます。

 

2019年6月29日(土)から

誠に勝手ながら臨時休校とさせていただきます。

 

メール等のご連絡は7月2日(火)以降となりますので

何卒よろしくお願い申し上げます。

 

なつなつめ4

 

2019.06.28

身体のサインに素直になる

こんにちは!
国際薬膳学院 副学院長の寺薗真衣です。
なんだか近年、梅雨が梅雨らしくない気がしています。
梅雨入り宣言がなされているにもかかわらず、全く降らなかったり、気温だけ上がって「乾燥注意報」まで出ている時がありました。
季節の移り変わりに合わせて、私たちの身体も、変化についていけるように調整しています。
けれど、梅雨なのに猛暑みたいに、急に思ってもみない天候が来ると、予想外の展開に身体がとっさの判断ができず、やられてしまいます。
これぞ、天候が私たちにとっての「邪」になった瞬間です。
そろそろ梅雨に向けて「湿」の対策を!
とせっせと身体から余分な水分をデトックスする方針で身体を整えて準備していたところに、いきなりの気温上昇!
そうなると、熱でみるみる身体の必要な水分までを持っていかれます。
あと、ジメジメするなーと、ドライをかけっぱなしで寝てしまったりとかしても乾燥しますよね。
なので、意外と梅雨なのにのどの乾燥でやられるケースって多い気がするのです。
そんな時は梅雨だから!とかたくなに水分を排出するのではなく、自分のからだのサインに耳を傾けながら、喉や肺にアプローチしたメ
ニューにしてみてくださいね。
豆腐ハンバーグは鶏むねミンチ、すりおろし蓮根、豆腐、塩麹が入っています。
みりんと醤油の麺つゆ風なたれを葛であんかけ風に。
トッピングにはカイワレ大根と陳皮を。
肺にアプローチする大根や蓮根や豆腐をうまく使いつつ、
でも胃腸へのアプローチも忘れず!
お味噌汁は黒木耳とオクラ、サラダには紫キャベツと水菜とマッシュルームにお酢を利かせたごまだれをかけて、ポップコーン(自分ではじけさせた無塩のもの)を食感のアクセントに使っています。
毎日の食事は、こんな風に微妙な気候や体調の変化で方針をうまく微調整できるのがいいところ。
皆さんも体の声をうまく聞けるように頑張りましょう!

2019.06.28