今までにない薬膳教育「日本人のための薬膳」/ 国際薬膳学院・大阪 / 東京

今月の薬膳弁当

おはようございます!

国際薬膳学院 副学院長の寺薗真衣です。

今日は東京校の中級講座の日!

めちゃめちゃ寒いですがお気をつけてお越しくださいね!

今日は気分はちょっとクリスマス?な洋風薬膳弁当です!

最近顔を見たらびっくり血色が悪く、これは補血せねば!ということでちょっと血を増やすメニューが多めです。

*モロッコいんげんとマッシュルームと人参葉のピラフ
茸の中で温性なのがマッシュルームと舞茸。
舞茸よりもマッシュルームの方が肺や腎の帰経を持つので迷わずこちらをチョイスしました!
モロッコいんげんと人参葉で香りと胃へのやさしさをプラス!

 

*スパイスを利かせたパプリカの肉詰め
ナツメグ、カルダモン、ローリエ、乾燥ゆずをきかせて、食感に刻んだアスパラを入れた豚肉を
小っちゃいパプリカに詰め込みました!
JAさんや露地野菜が手に入るお店でしか、このサイズって手に入らないですよねー!
かわいいサイズを見ると、お弁当用に!とつい買ってしまいます(笑)

 

*黒木耳とアレッタのマスタード和え
アレッタってなんぞや・・・?って感じですよね。
これ、ケールとブロッコリーのあいの子なんだそうです。

↑こんなん
めっちゃ肝(血)に効きそうな掛け合わせ!ということで、買ってみました。
味はブロッコリーが強いのでケールの苦味が苦手な方でも使えそうです!
さらに血にアプローチ&補腎な黒木耳でパワーアップさせて、粒マスタードでマリネにしました。
粒マスタードは「白芥子(はくがいし)」という生薬。
梅雨の薬膳弁当で登場させていましたが、今回は肺を温めてバリア機能強化で使っています。

 

*蓮根とごぼうのバルサミコソテー
空気が乾燥してきてのどがやられそうなので、ごぼうの祛風の力と、蓮根の粘膜保護の力に
お酢で温め&殺菌!の意味合いでソテーにしました。
血を増やしたいのでお酢はバルサミコ(ぶどう)酢をチョイスです。

 

*オレンジカリフラワーと酒粕のクリームの紅大根巻き
久しぶりに酒粕登場!
寒くなったので酒粕でお腹を温めながら血の巡りを良くします。
補腎や強筋骨の効能を持つオレンジカリフラワーをゆでてつぶして、塩麹を加えて味を調えたクリームを
紅大根でくるくる―とお花にしています。
乳製品を使わずクリームっぽいのを作りたいとき、カリフラワーがめっちゃ重宝します。

 

急に寒くなったので寒涼性の食材には必ず温性の食材を強めに合わせてみました。
そして全体的に温性が多めにしあげています!

今日は梅雨の時期の薬膳を掘り下げますよ!
皆さんのメニュー開発訓練、楽しみです!

 

2019.11.30