今までにない薬膳教育「日本人のための薬膳」/ 国際薬膳学院・大阪 / 東京

今月の薬膳弁当

おはようございます!

国際薬膳学院 副学院長の寺薗真衣です。

今日は東京校の初級講座5期生の最終日!

いつもいつも思いますが、本当にあっという間です。

最後の授業も張り切って頑張りますので皆様お気をつけてお越しくださいね!

さて、今日は秋の菊花の和薬膳弁当です♪

*みょうがのナムルとサツマイモの混ぜご飯
みょうがをさっとゆでて塩とごま油であえて作ったナムルとサツマイモをご飯に混ぜ込んでみました。
アクセントに黒胡麻を使っています。
みょうがはほんのりピンクですが、「白くて辛い食材」の仲間。
独特の辛みが発散力を持っています。
黒胡麻とサツマイモの補腎補気食材で底上げをしながらバリア機能を高めます。

*さんまの大根と梨のおろし煮
昨日紹介したメニュー。
お弁当にも入れてみました。
秋刀魚はDHA豊富な血液サラサラ系のお魚の中で、「補虚損」といって
虚を補う力を持っています。
秋バテにもおすすめのお魚。
大根と梨で肺を潤わせながら、消化も助けています。

*キノコと人参と菊花いり鶏ささみミンチのうすあげ巻き
鶏ささみに菊花と人参と白菜と椎茸とエリンギを入れて昆布塩とお酒を入れて混ぜ混ぜ。
ひろげたうすあげにまいて焼きました。
菊花たくさんいれたけど、あんまり黄色いのが見えなくって残念!
肺に帰経をもつエリンギと菊花でバリア機能を高めます。
今回はお揚げの油分があるのでささみでヘルシーにしてみました。
菊花はお浸しにすることが多いですが、独特の風味が苦手な方はこんな感じで混ぜ込んじゃいましょう!

*いんげんのごまあえ
めちゃめちゃシンプルにいんげんを薄口醤油とみりんに白ゴマを混ぜただけです(笑)
暑気あたりにもよいいんげん豆で夏の疲れを癒しつつ、白ゴマでバリア機能UPです。

*小松菜の薬膳白和え
豆腐に白練り胡麻と薄口醤油とすこし蜂蜜を加えて潤いUPを狙って。
乾燥には補血もしたい!ということで小松菜をチョイスしています。
白和えから出る水気を吸ってもらうのにクコの実も入れていろどりに。
クコの実は食べる目薬や足腰を丈夫にする効能で有名ですが、肺を潤す効能も持っています。
最後に呼吸器症状や乾燥予防の松の実でアクセントを入れてみました。

*梅水晶とオクラの和え物 すだちがま
酢橘をくりぬいて梅水晶とオクラの和え物を入れてみました。
梅水晶っていうのはサメの軟骨を梅肉であえたアテなんですが、
たまたま手に入ってうれしくて入れてみました(笑)←大好きなんです!(酒飲みw)
サメの軟骨といえば、ふかひれもそうですよね。
そんなわけで、コラーゲンやコンドロイチンやらたっぷりのサメで潤いUPです。

仕切りは白菜!
そして菊の花で仕切ってみました。
最終講座も頑張ってきます!

こんな感じで受講生さんたちの日々の薬膳メニューに参考にしていただくべく、
毎回、講座の日にはその時に合わせた食材をたっぷり使った薬膳弁当を持っていきます。

中医学で自分の今のからだの状態を知り、それに合わせた食材選びができると、

毎日の食事が養生になります!

この秋、新たな一歩を踏み出してみませんか?

あなたの新しい第一歩を全力でお手伝いさせていただきます!

なんと今期の体験講座は無料!奮ってご参加くださいね!

2019.09.28