今までにない薬膳教育「日本人のための薬膳」/ 国際薬膳学院・大阪 / 東京

秋のメニューは「白」率をあげて

こんにちは!
副学院長の寺薗真衣です。

暑さ寒さも彼岸まで、と言いますが、そのお彼岸ももうすぐ。

秋も本格化してきますね。

私も足の裏のカサカサが最近気になりだして、確実に乾燥のシーズンが来ております。

そろそろ白い食材の割合も増やしていきましょう。

蓮根とかぶの炊き合わせ。

蕪と、蓮根とがんもどきをじっくり蒸し煮にして水菜とみょうがを添えました。

お出汁と野菜を入れて放置して柔らかくなったらそのまま冷めるまで置いておいただけ。

ぐっとお出汁がしみ込んでおいしくできました!

乾燥のシーズンは調理法もしっとり潤う「蒸す」調理法がお勧めです。

白い食材には「白く辛い食材」と「白くて辛みのある食材」の2タイプがあります。

蓮根や白きくらげ、ゆり根などの白くて辛くない食材は身体の潤いUPに、

葱やにんにく、しょうがなどの白くて辛い食材は寒暖差で一気に迫りくる風邪の邪気を発散するのに使います。

朝に家をでると、あれ、今日ちょっと涼しいかな?と思っていたのに、お昼間は暑くて汗もかいて、電車は真夏モードでクーラーがきいていたりで、毛穴の開閉も追いつきません。

そんなときに食べ物の力でうまくチャージしてあげてくださいね。

いつもそんなバリア機能を担当している肺についてお話しする時に、ハイブリッドの加湿器の話をします。

出てくる水蒸気=潤い成分

強弱のパワー=発散力

と考えると、ふわーっと霧状になった水蒸気を効率よくからだにふわーっとベールを纏うこと

自分に足りないのは水蒸気か、パワーかそれとも、電力そのもの(気)か

なんとなくイメージできませんか??

あなたの「加湿器」しっかりメンテナンスして、これからの季節にそなえていきましょう!

中医学で自分の今のからだの状態を知り、それに合わせた食材選びができると、

毎日の食事が養生になります!

この秋、新たな一歩を踏み出してみませんか?

あなたの新しい第一歩を全力でお手伝いさせていただきます!

なんと今期の体験講座は無料!奮ってご参加くださいね!

2019.09.15