今までにない薬膳教育「日本人のための薬膳」/ 国際薬膳学院・大阪 / 東京

食べ物が気虚を左右する

こんにちは!

国際薬膳学院 副学院長の寺薗真衣です。

お盆も終わり、すっかり8月も終わりに差し掛かってきました。

最近、食欲旺盛な息子の食事の準備(大人と別メニュー)と、かまってほしいお年頃の相手、

そしてお昼寝の時間が少なくなってきて、

旦那と一緒に食べる晩御飯以外は立ち食いでパン、とか

適当に済まさざるを得ない日々が何日か続きました。

そこに連日の暑さも加わって、スタミナががたんと落ちるのが実感としてありました。

これはいけない!と

立ち食いするにしてもご飯に変えてみたり、

蒸したキャベツや洗ったトマトをつまめるように準備して、

息子と一緒に寝てしまう、というのを実践すること1週間くらい。

そうしたら、すこしずつ回復している感じがあります。

やっぱり食べるものって大事。

忙しくてご飯を作る暇がなかったり、

疲れてキッチンに立つことすら気力がわかない時、ありますよね。

本来ならそれって一番自分にとって必要なものをチャージしたいとき。

そんな時に選ぶ外食やお惣菜も、薬膳の知識を持っていると

ただお腹を満たすだけでない、もうひと仕事をしてくれると思います。

身体を作るのはコツコツだけれど、残念ながら気虚を進めるのってめっちゃ簡単!

気虚を進めないためにしっかり食べ物で阻止してくださいね。

 

写真は
*とりとしし唐の味噌炒め
*茄子とオクラと紫蘇の味噌汁
*もずくとトマトの酢の物
*きゅうりと蛸の生姜和え

パパっと作れるメニューに夏野菜をたっぷり盛り込んで、酷暑を耐え抜きたいですね!

間もなく秋開講の講座のご案内をいたします!

もうしばらくお待ちくださいね!

2019.08.21