今までにない薬膳教育「日本人のための薬膳」/ 国際薬膳学院・大阪 / 東京

今年の関東の梅雨は寒湿>湿熱

こんにちは!
国際薬膳学院 副学院長の寺薗真衣です。
湿気はしっかり感じられるけれど、雨は少なめの梅雨。
数か月前に猛暑が来たものの、割と過ごしやすい気温の多い関東です。
我が家の休日のお昼ご飯は、どんぶりものや麺類などにすることが多いです。
豚赤身肉のミンチに、刻んだえのき、椎茸、生姜を加えて少量の油とお酒で炒り煮にして、
みりんと醤油にすこし甘酒をプラス!
たっぷりの紫蘇を刻んで今日は卵黄も載せてみました。
あたたかいとうもろこしのひげ茶とともにいただきます!
キノコ類でいらないものをデトックスしつつ気を補い、生姜と紫蘇でお腹を温めるメニューです。
いつもはトッピングでつかう紫蘇をご飯にふんだんに散らしたのが大正解!
香りでスッキリ、気もめぐります。
もっとこの時期ならもわもわムシムシの湿熱のイメージだけれど、
関東はなんとなく冷えた湿気の寒湿なイメージ。
冷えた湿気と熱された湿気では食材のチョイスが変わってきます。
ことしはなかなか瓜類に踏み切れないです(笑)
お腹を冷やさないように、気を付けて楽しい連休をお過ごしくださいね!

2019.07.14