今までにない薬膳教育「日本人のための薬膳」/ 国際薬膳学院・大阪 / 東京

身体のサインに素直になる

こんにちは!
国際薬膳学院 副学院長の寺薗真衣です。
なんだか近年、梅雨が梅雨らしくない気がしています。
梅雨入り宣言がなされているにもかかわらず、全く降らなかったり、気温だけ上がって「乾燥注意報」まで出ている時がありました。
季節の移り変わりに合わせて、私たちの身体も、変化についていけるように調整しています。
けれど、梅雨なのに猛暑みたいに、急に思ってもみない天候が来ると、予想外の展開に身体がとっさの判断ができず、やられてしまいます。
これぞ、天候が私たちにとっての「邪」になった瞬間です。
そろそろ梅雨に向けて「湿」の対策を!
とせっせと身体から余分な水分をデトックスする方針で身体を整えて準備していたところに、いきなりの気温上昇!
そうなると、熱でみるみる身体の必要な水分までを持っていかれます。
あと、ジメジメするなーと、ドライをかけっぱなしで寝てしまったりとかしても乾燥しますよね。
なので、意外と梅雨なのにのどの乾燥でやられるケースって多い気がするのです。
そんな時は梅雨だから!とかたくなに水分を排出するのではなく、自分のからだのサインに耳を傾けながら、喉や肺にアプローチしたメ
ニューにしてみてくださいね。
豆腐ハンバーグは鶏むねミンチ、すりおろし蓮根、豆腐、塩麹が入っています。
みりんと醤油の麺つゆ風なたれを葛であんかけ風に。
トッピングにはカイワレ大根と陳皮を。
肺にアプローチする大根や蓮根や豆腐をうまく使いつつ、
でも胃腸へのアプローチも忘れず!
お味噌汁は黒木耳とオクラ、サラダには紫キャベツと水菜とマッシュルームにお酢を利かせたごまだれをかけて、ポップコーン(自分ではじけさせた無塩のもの)を食感のアクセントに使っています。
毎日の食事は、こんな風に微妙な気候や体調の変化で方針をうまく微調整できるのがいいところ。
皆さんも体の声をうまく聞けるように頑張りましょう!

2019.06.28