今までにない薬膳教育「日本人のための薬膳」/ 国際薬膳学院・大阪 / 東京

父の日も薬膳目線でチョイス!

こんにちは!

 

国際薬膳学院 副学院長の寺薗真衣です。

 

今日は父の日ですね!

 

皆さんは何か贈られましたか??

 

今年はなんだか疲れやすいし腰も痛い、と言っている父に

 

これをプレゼントしました(笑)

 

 

うなぎです!(ピンぼけしているのは母が撮影しておくってきたから(笑))

 

うなぎはスタミナ食材。

 

黒くて海のものなので「補腎」の力がある食材です。

 

それ以外に梅雨時期の痛ダル重トラブル解消効果の「祛風湿」と

 

足腰を強化する「強筋骨」

 

の効能があります。

 

ついでに目にもよいので、食べたらこのピンボケ写真もくっきり見えるかも、見えないかも!(笑)

 

うなぎの脂っこいのはちょっと…というお父さんは

 

母の日の候補でおすすめしていたサクランボでもいいかもしれませんね!

 

もうこの年になると、ネクタイやカッターシャツもあまり使わないし、

 

お酒をあげるのもなんだか微妙。

 

そんなこんなで、最近はちょっと贅沢な食べ物のチョイスが増えているのですが、

 

父の日にあげる「ぜいたく品」としてよく候補になってくるウナギも、実はお父さん世代に食べてほしい薬効がたくさんなのです。

 

(ちなみに、あっさり食べられる白焼きと、定番のかば焼きの紅白セットにしました!)

 

大切な家族のことを思いながら、ちょっと贅沢な食材のプレゼント!

 

忘れてた~という方はぜひ参考にしてくださいね!

 

2019.06.16