今までにない薬膳教育「日本人のための薬膳」/ 国際薬膳学院・大阪 / 東京

春はタウリン!

こんにちは!

国際薬膳学院 副学院長の寺薗真衣です。

三寒四温の陰陽転化な気候に振り回され、

春一番?と思うような強い風「風気」が「風邪」になったやつに振り回され。

新型コロナウィルスの情報に振り回され…

春は本当にざわざわする季節ですね。

血虚な私はそれに加えて眠いです(笑)

春眠暁を覚えず、とはよく言ったもので、これも血虚からくるものじゃないかな、と思っています。

 

 

そんなここ最近食べたくなるのがイカやタコ。

タウリンが含まれる食材です。

タウリンは栄養ドリンクには割と入っている疲労回復効果の高いアミノ酸の一種。

肝臓の機能を正常に保つのを助けたり、

筋肉のケアにもいい!

まさに中医学の「肝」のケアにもってこいの食材ですね!

 

*蛸生姜レモンマリネサラダ 燻製オリーブオイルの風味

*ホタルイカとアスパラと蓮根の炒めもの

 

 

イカか蛸か、あなたはどちらがお好きですか??

効能から見ると、イカは平性で肝腎に帰経するのに対し、

蛸は寒性で脾と肝に帰経します。

女性の補いたいモノ目線で見ると圧倒的にイカの勝利!

タウリンの含有量もイカの方が多いです。

でもね、私はイカよりタコ派なんです(笑)

小さいころからデパ地下のお惣菜コーナーではきゅうりと蛸の酢の物をチョイスする子でした(笑)

タコは脾に行く分、補気や疲労回復のイメージが強め

今回は生姜でマリネして寒性とのバランスをとってみました。

(ちなみにイカは補血、アンチエイジング!というイメージ。)

血虚なので、いつもよりイカも多め(笑)

ホタルイカのボイルをみりんとホタルイカの魚醤で炒めました。

蓮根が補血色にほんのり色づいていいかんじですね!(笑)

春はあけぼの、ではなく春はタウリン(笑)

春のタウリン、是非イカと蛸をうまく使い分けてみてくださいね!

2020.03.10