今までにない薬膳教育「日本人のための薬膳」/ 国際薬膳学院・全国各地からお申込みいただいております

  • トップ > 
  • ブログ一覧 > 
  • 頭痛、のどがつかえる、足がつる…といえば春の訪れ! | 国際薬膳学院 全国よりお申込みいただいております

頭痛、のどがつかえる、足がつる…といえば春の訪れ!

こんにちは!

 

国際薬膳学院 副学院長の寺薗です。

 

この間までさむかったのに、日増しに暖かい日(いや、暖かいを通り越して暑い日)が増えてきました。

 

春、お好きですか?

 

私は大好きです!

 

小さいころは鴨川がお散歩コースだったり、庭に桜の木が一本生えていたり、

 

中高は桜の名所、哲学の道が通学路だったり、

 

今実家が嵐山にあったりで、幼いころから桜に恵まれて育ったからか、

 

気づけば、あまりお花見に行っていなかったな・・・

 

としみじみ。

 

そういえば、東京でも、家の近くに小さな桜の名所、野川という川があります。

 


今年はあと一歩でベストシーズン!というぎりぎりの京都の実家で長めに過ごし、

 

帰ってきたら東京の桜のシーズンが終わってしまったので、

 

なんだか桜不足な感じで終わってしまいました(笑)

 

春は、自律神経を担当している「肝」の気が滞りやすい季節です。

 

草木が一気に芽吹くように、自然界のエネルギーは下から上へ上へ向かっていきます。

 

身体はそのスピードについていけず、頭でエネルギーがたまって顔周りの症状となって現れるのです。

 

五月病などが有名なように、気が滞ってうつうつしたり、いらいらいしたりするだけでなく、

 

花粉症や、

 

めまい、

 

ふらつき、

 

頭痛、

 

足がつる、

 

筋が違える

 

目がぴくぴく

 

・・・などなどもそれが原因です。
「朝起きると頭が痛い」「あしが最近良くつる」

 

なんていう方が増えるのはそんなことが原因になっているのです。
いつも、薬局勤務時代には、頭痛の患者さんが増えるたびに、

 

春が来たなぁ・・・と感じていたものです(笑)

 

 

4月から新しい環境で、気を遣ってつかれたり、

 

思うように行かなくてもやもやしたり・・・・

 

そんな時は香りの良い食材ですっきりリフレッシュ!

 

肝を喜ばせてあげてくださいね!
シソや、チンピ(みかんの皮)、柑橘系のフルーツを取り入れましょう!
柑橘系も、シソも、春の香りも大好きな私も、がっつり肝を養っていこうと思います(笑)

 

鯛の赤しそ包み昆布あんかけ

 

梅肉を塗った鯛を赤紫蘇で包んで、こぶ出汁のあんかけをかけました。

 

スナップエンドウをあしらってます!

 

酸味・香り・歯ごたえどれも春の養生ポイント☆

 

身体の巡り!とっても大事です!

 

さらに、新しいことにチャレンジするのもおすすめの季節です!

 

薬膳の第一歩踏み出してみませんか?

 

食材の効能と、季節ごとの養生、

 

こんな時どうする??をしっかり知っておくと、冷蔵庫にある食材で、パパっと養生メニューを作ることができるようになります。

 

あなたも新たな学びを始めてみませんか?

 

2019.04.21


Warning: Use of undefined constant blog - assumed 'blog' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/yakuzen-food/yaku-zen.jp/public_html/wp/wp-content/themes/yakuzen/single-blog.php on line 31