今までにない薬膳教育「日本人のための薬膳」/ 国際薬膳学院・大阪 / 東京

  • トップ > 
  • ブログ一覧 > 
  • 主任講師寺薗真衣の「中医学ってどうやって勉強するのん?」④ | 国際薬膳学院 大阪 東京

主任講師寺薗真衣の「中医学ってどうやって勉強するのん?」④

 

第4章「難解なキーワードに行き詰まった時」

 

こんにちは!

 

国際薬膳学院主任講師の寺薗です。

 

まい

 

東京校の体験講座準備や、東京校のご案内が着々と進み、気づいたら数週間ワープしていました(笑)

 

もう今日から8月ですね!

 

気を取り直して、コラムを再開します!

 

今回は中医学を学んでいると出現する様々なキーワードのお話です。

 

中医学を学んでいると、漢字の組み合わせでだいたいの意味が分かるものと、

 

なんだそれは??!!

 

というものが出てきます。

例えば、気虚、血虚、水滞などは

気が足りない、血がたりない、水が滞っている・・・

 

と、漢字を音読みするとなんとなくわかります。

 

しかし、「瘀血」になると突然現れるIMEパッドでないと変換できない「瘀」の字に圧倒されてパニック!

 

血がどうなってるの???

 

となります。

 

そんな時はどうするか?

*****************

 

漢字の意味が解らない!というときは、ストイックに漢字の語源や訓読み(あれば)を調べる!

 

というのも一つですが、

 

それでどういう状態になるのか?という部分を見ていくことで掴んでいくとよいとおもいます!

 

ちなみに、

「瘀」という漢字は

 

「へこみ押さえられた為に流れが詰まっている状態」

 

という意味があります。

 

ですが、それよりも、

 

「血がうまく動いていない、ドロドロの状態や塊がある状態」

 

ということを「瘀血」というんだな~と、理解していくわけです!

 

 

もっと難しい単語で、例えば、

 

「闢穢(へきえ)」

 

という言葉があります。

 

これは、訓読みにすると「穢れ(けがれ)を闢く(ひらく)」

・・・まだしっくりきませんね。

 

これがどういった状態になることかを読み進めると

 

暑邪による腹満・腹痛・嘔吐・下痢の症状を改善すること

 

・・・暑さでおなかが張って、お腹が痛くて、吐いたり下痢をしたりする

 

・・・それはなに??

 

熱中症!

 

蒸し暑い季節に胃腸症状に来るトラブルのことを指すわけですね。

 

胃腸の穢れをスッキリする!ということだったわけです!

 

ちなみにこの作用があるのは胃腸に効く、スッキリする薄荷(ミント)

 

の作用の一つです。

 

このように一つのなぞなぞを解いているように、難解なキーワードを「闢」いていってくださいね!

 

 

9月から東京校開講!

「一番わかりやすい!中医学基礎理論と薬膳入門」

講座のご案内はこちら

 

 

2016.08.01