今までにない薬膳教育「日本人のための薬膳」/ 国際薬膳学院・大阪 / 東京

  • トップ > 
  • ブログ一覧 > 
  • 主任講師寺薗の中医学コラム「中医学ってどうやって勉強するのん?」⑮

主任講師寺薗の中医学コラム「中医学ってどうやって勉強するのん?」⑮

国際薬膳学院 主任講師 寺薗真衣の連載コラム

中医学ってどうやって勉強するのん!?

 

国際薬膳学院の主任講師の寺薗がお送りする連載コラム、毎週火曜日に更新しております!

 

第15章「表裏について考える④脾と胃」

 

こんにちは!

b22d0a5346c4b802a1610a0d732c521c_s

 

主任講師の寺薗です。

 

先週お休みをして何回かにわたってお送りしております、五臓六腑の表裏について。

 

肺と大腸、心と小腸に続いて脾と胃についてです。

 

まず、脾とは消化器系統全般を指す、と習います。

 

しかし、その割に腑の中身は小腸、大腸、胃、胆…と消化器を指すものばかり!

 

脾が消化器系統全般なのに、別枠で消化器系統がたくさん?!

この違和感を抱えたまま、さらに勉強を進めると、

 

「脾気は上に、胃気は下に働く」

 

なんて書かれています。上下でさかさまの性質があるので裏表の関係、というところはなんとなく納得がいきますが、

 

消化器系統全般…のイメージだけで行くと、気の向きが上向きなんて、吐いてしまいそう!

なのになぜ上下があるの??とわからなくなります。

 

この謎、一言で解決します!

 

*****************

 

一緒に表裏関係を構成していて、動きの向きが正反対で成り立っている理由…

 

それは、

 

消化吸収する前か後か

 

の違いです。

 

胃は食べ物を受け入れて下部の消化管(小腸や大腸)に受け流す

(右から左に受け流す~というの、昔ありましたね(笑)胃は、上から下に受け流します(笑))

 

脾は消化吸収されたものを使える形、気血の素(水穀の精微)に変えて、肺に送ります。

 

肺は脾より上の方にある(臓器の中で一番高いところにある)ので上むきの力が必要なのです。

 

脾と胃は「脾胃」とまとめて表現されることがあり、そのせいでバラバラの働きを見た時に一瞬困惑してしまいますが、消化のビフォア―アフターだと思えば、理解できると思います。

 

またこのベクトルを見た時に、

 

脾は持ち上げられないとトラブルになり、たるみや(テンションが)上がらず無気力になり、

胃は下に下げられないとトラブルになり、消化不良や吐き気につながっていく、

 

という解釈ができます。

 

また脾胃のトラブルでありがちな「食欲不振」も

 

①    食べられないとおもったけど、意外とたべられた

 

という時と、

 

②    お腹すくけれど、意外とすぐお腹がいっぱいになって食べられなかった

 

とでは脾のトラブルなのか、胃のトラブルなのか、違いが出てきます。

どちらがどちらかわかりますか?

 

①    は、受け入れられるけど、全体のパワー不足なので脾

②    は、エネルギーの不足を補いたいのに受け入れられないので胃

 

と、消化吸収のビフォア―アフターどちらのトラブル化を見ると判断ができるようになりますね。

 

 

私たちは食べたものでつくられています。

 

今の自分は今まで食べてきたものでできています。

 

何か薬を飲んだり、食べたりするにもこの「脾と胃」を必ず通って、必ず消化吸収のお世話になります。

 

食べたもののエネルギーを最大限に活用できるコスパの良い身体づくりには、この脾と胃の調子が万全であることが必要不可欠です。

 

脾胃のケアはしていて損はありません!

 

食欲の秋、しっかり脾胃を整えるもので調整しながら楽しみましょうね!

 

 

 

2016.11.01